So-net無料ブログ作成

ここはどこ・・・sh2-140, 145, 150 [天体写真]

撮りたい所が昇ってくるまでの時間潰しにとりました。
が、何のプランも無かったので現地でステラナビみて「赤そうなとこでも撮っておくかぁ」くらいの感じで撮りました。

自分で撮って初めて見た領域という(汗)
右上:sh2-140、真ん中:sh2-145、左側中央付近:sh2-150・・・・らしいです。

sh2-140.jpg

2014/09/26 20:01露光開始 石狩市厚田区別狩 6℃→4℃
FSQ-85ED /w x0.73 reducer 327mm F3.8
ISO:1600
EOS Kiss X5 改造+LPS-P2光害カットフィルター
SXP赤道儀
ORION ShortTube80、SBIG ST-i + PHD guidingによるオートガイド
10分x10枚
トリミング無し
画像処理:RAP2, SI7, PSCS6 (ダーク12枚、フラットRGB各8枚、フラットダークRGB各8枚)


設置して間もなく外気に順応していない鏡筒で撮影、かつ冷え込んできたからか、ピント移動が激しく・・・。
ついでに極軸ズレで周囲の回りっぷりも激しい始末でよろしくない感じでした。
コメント(4) 

コメント 4

おりおん

たしかに「ここはどこ?」って領域ですねぇ。
初めて見ました知りました。
ぽっかり空いた暗黒帯もあって、魅力的な場所ですねー。
「赤そうなとこでも撮っておくかぁ」ってのがいいですね。
わかりますわかります(笑)
ノープラン遠征時、私も現場で赤いのを探すことが多いです(笑)
by おりおん (2014-09-29 09:14) 

naopon2013

赤いの飽きてるんですが、ついつい。
あのLPS-P2&改造カメラ越しの赤カブリの中の赤が安心するんですよね(笑)
あー何とかなるなぁコレって。

最近、何を撮るか全然考えていなくて現地で困ることしばしばなんです。
いいネタあったら教えてください(切実)
by naopon2013 (2014-09-30 02:39) 

カムイミンダラ

昔撮った大判フィルムの画像を見たら写ってましたが、ここを主題としては撮ったことがないです。
なかなかマニアックな領域ですね。
このあたりは結構こういう赤い所が広がっているので、こんな風にしてあちこちと撮るのも面白いですね。

FSQはピントの移動がひどいらしいので、今の時期のように平気で10度近く下がる時は辛いでしょうね。外国製品などはカーボン鏡筒の屈折もありますが、値段が高いのが難点ですね。

by カムイミンダラ (2014-09-30 15:53) 

naopon2013

撮ってみて初めてその対象を見るというのは、結構面白かったです。
小さかったら嫌だなぁなんて思っていたのですが、写った大きさにびっくりしました。
ジャストサイズじゃんって。

FSQ単体で4枚、レデューサーで確か4枚。
内側のレンズの温度が安定するまでは時間がかかりますよね。。
望遠鏡じゃなくて、長焦点のカメラレンズの星用っていう感じですね。
気になって寝れません(笑)
by naopon2013 (2014-09-30 23:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。