So-net無料ブログ作成

他の趣味とか [つぶやき]

天体写真ネタが無いまま1週間が過ぎました・・・。
いや、ホントに天体ネタのブログの継続は難しいです。

最近の札幌(北海道)は、「大気の状態が不安定」とかで激しい感じの天候です。
かなり強風で、青空見えながら黒い雲が流れてきて雨が降るとか。
全国的にも天候が良くないようですね。特に東北地方。

先週末は埼玉県と東京都にいました。

夕方、さいたまスーパーアリーナでTM NETWORKのライブに。
初めてのさいたまスーパーアリーナ。デカかったなぁ。

SH350096.jpg

色々ありましたが、小室哲哉を神と崇めて30年弱。
シンセサイザーが趣味だったりします。最近おろそかですが。

SH350098.jpg
↑上から、
KORG microKORG (ボコーダー機能有)
YAMAHA EOS YS-200 (EOSの初期型。今となってはある意味レアか)
YAMAHA DX7II FD (往年の名器。The FM音源)
YAMAHA EOS B2000 (EOS 最終型)

microKORG以外は、かなり古く(DX7とYS-200は80年代)現役機種ではありませんが、今となってはFM音源がなかなか新鮮に感じます。

SH350099.jpg
↑別部屋のRoland Fantom G6
これは生産中止になったものの、まだまだ現役ですね。
音楽番組でもプロの方々が使っているのを頻繁に見ます。今回の小室さんも使ってたかな。77鍵のG7かも。

あ~、天体写真ネタで更新できるのはいつかな~
天気悪いなぁ~
(ここに天気が良くないと書くと、すぐに晴れる傾向にあるので書いてみる)



コメント(12) 

埼玉県 [つぶやき]

出張で埼玉県に来ています。
思ったより暑くなくて、拍子抜けしました。

コメント(0) 

バッテリー [機材]

バッテリーのもちが悪くて、先日ポチったのが届きました。安かったんでつい。
本当はディープサイクルバッテリーとか欲しいところですが、充電大変そうだし。
実は、バチっていうのが怖いし(汗)

左:新規購入大自工業(メルテック)SG-6000 (26Ah)、右:いつも使っていたパワモリクン(17Ah)。
IMG_0274.JPG

3時間が限界だったので、少しは長持ちするかな~。
白いのは長男(10月で4歳)。

コメント(2) 

網状星雲全景(東側NGC6992-5、西側NGC6960) また残念・・・ [天体写真]

網状星雲全景です。

ami_all130717.jpg

2013/07/17 22:42露光開始 石狩湾新港近傍 16oC 風&上弦の月
FSQ-85ED (x0.73 reducer) 327mm F3.8
ISO:1600
EOS Kiss X5 改造+LPS-P2光害カットフィルター
SXP赤道儀、ノータッチガイド
3分x20枚 トリミング無し
画像処理:ステライメージ7

上弦の月?そのうち沈むでしょ・・・という感じで撮影したのですが。。
貼った写真の1時間前から撮影していて、総時間2時間撮ったのですが、前半は「青空」でした。
何とか写ってはいたものの。。。
コンポジットに加えましたが、質が良くなることはありませんでした。

また、激しい光害ゾーンでの撮影(いつもの暗闇は曇っていた)で、空が非常に明るくて、暴力的なカブリが発生。淡すぎてレベルを切り詰め過ぎ。処理しきれない周辺減光(なんだか中心が明るい)。

仕方ないですね。
対象が淡いので、暗い空でまたリベンジしよう。憧れだからな~

東側クローズアップ↓
ami_east130717.jpg

中央~西側クローズアップ↓
ami_west130717.jpg

東は「赤に絡みつく青」、対称的に西は「青に絡みつく赤」。
全景を絵にすると2次元の円状かもしれませんが、爆発後に立体的に広がっているんだなぁ。

レベル切り詰めれば、本当は結構写っているんだよなぁ。悔しい。
ami_all130717zannen.jpg

コメント(6) 

低質な星野写真たち [天体写真]

嫁さんとは趣味を通して知り合い、2005年に結婚しました(何を突然)。
嫁さんは私の趣味に大変寛容で、おまけに天体写真が大好きになってくれました。
ありがたい。
(ガイドとか「早く買いなさい」って言ってくれちゃいます)

壮絶な(?)不妊治療の末、やっと子供を授かりました。
複数回の採卵手術、人工体外授精、胚移植です。
予定日は、アイソン彗星が近日点を迎える頃になります。

そんな嫁さんが肉眼で天の川が見たいというので、先日一緒に行きました。
不摂生は良くないのでほどほどで帰りましたが。

その時に撮ったものと、別の日に撮ったものが混ざっていますが、出すものも無いので、少しでも絵になるものを貼ってみます。

普通の天体写真も下手ですが、望遠鏡を使わない星野写真が輪をかけて下手(ピントがでない)です。
ピント位置が分からない。標準レンズしか持っていなくて、ピントリングがスカスカ回る状態。やっててわけが分からなくなってきます。

全部SONY α33。日時、条件等は省略。

札幌の光害に沈むいて座。南斗六星。赤いのは風力発電塔。30sec1枚。
石狩市厚田区(カシオペアの丘)。
teapot.jpg

星座線(ティーポット)入り。
teapot_line.jpg


夏の三角関係(違)。30sec4枚。
石狩市厚田区望来某所。右は札幌市の光害カブリ。
triangle_30sx4.jpg

星座線入り。
triangle_30sx4_line.jpg


ベガ(左)、アルタイル(下)がある天の川。分かりにく過ぎ。30sec20枚。
石狩市厚田区望来某所。
artail_milkyway_30secx20.jpg


朝焼けに沈むさそり座(嘘)。札幌大光害上空のさそり座。30sec1枚。
石狩市厚田区望来某所。望遠鏡の鏡筒バンドに固定なんで画角調整が効かなくて斜め。。
一番下がアンタレス。
sasori.jpg
これじゃあ、憧れのアンタレス付近を狙うのは厳しい。

肉眼で天の川が見れて、嫁は満足そうでした。

コメント(2) 

M16わし星雲とM17オメガ星雲 [天体写真]

なんじゃい、この構図!
真ん中っ!何も無いじゃないかっ!

お馴染みの構図ですが、「広視野で輝く二つの星雲」がキレイなんでしょう。
これじゃあ、ちょっと窮屈ですね。

M1617_3minx19.jpg

2013/07/11 22:17露光開始 石狩市厚田区望来 露との戦い
FSQ-85ED (x0.73 reducer) 327mm F3.8
ISO:800
EOS Kiss X5 改造+LPS-P2光害カットフィルター
SXP赤道儀、ノータッチガイド
3分x19枚 トリミング無し
画像処理:ステライメージ7

ちょっと流れました。。

総露光時間1時間まで、1コマ足りないという(汗)
中学校の時、札幌市選抜みたいな陸上競技会に200m走に出場。残り30mまでトップだったのに全員に抜かされてビリ8位だったことを思い出した初夏。


M16 へび座の中のわし(違和感)↓
M16.jpg

M17 オメガ星雲↓
M17.jpg


途中からレンズに露がついて大変でした。撮影インターバル10秒の間にエアーブロアーを吹き付けて露を乾かして撮影して、また曇って、吹き付けて・・・の繰り返し。
流れるし、曇るしでイマイチでした。


夜中にご一緒したKさんと、走り回って遊びました。
スポーティ星景写真(謎)
童心に帰りました。


コメント(0) 

アメリカ大陸上陸を試みるペリカン怪獣 [天体写真]

北アメリカ星雲(NGC7000;左)とペリカン星雲(IC5067-70;右)です。

NGC7000_3minx23.jpg

2013/07/10 23:52露光開始 石狩市厚田区望来 14oC かなり高湿度
FSQ-85ED (x0.73 reducer) 327mm F3.8
ISO:1600
EOS Kiss X5 改造+LPS-P2光害カットフィルター
SXP赤道儀、ノータッチガイド
3分x23枚 トリミング無し
画像処理:ステライメージ7

薄い筋状の雲が断続的に来たり去ったりの繰り返しで、明るい恒星に盛大にハロが出てしまいました。
星が滲むフィルターを付けたような写真となりましたが、「絵」としてはありだなぁという感じがしています。

アメリカ大陸を救おうと、M78方向からウルトラマンからと思われるレーザービームが到達した模様。
NGC7000_rs.jpg
レベル調整のみ。
初めて流れ星が写りこみました(嬉)
コメント(4) 

赤の迷い [天体写真]

天体写真の画像処理をする際、諸先輩の写真や雑誌、ネット上の写真を参照して完成させています。
「本当は、どれくらいが適正なのか?」という疑問には、実は答えは無いと思っていますし、趣味の範囲なら「自分が一番いいと思ったものがいい」と、結構前に書きました。

Ver.0 昨日処理したM8、M20↓
M8M20_3minx21_2minx5.jpg

M8周辺クローズアップ↓
higata130707.jpg
(自分にしては)長い総露光時間でキレイはキレイ。星雲自体はいいと思うんですが、皆さんの写真と比べると赤みが足りない気がしました。


再処理ver.1
M8M20_3minx21_2minx5_red2.jpg

M8周辺クローズアップ↓
M8_2nd130707.jpg
彩度調整フィルタで、色を少しくっきりさせました。
これはいい感じかもしれません。

再処理ver.2
M8M20_3minx21_2minx5_red.jpg

M8周辺クローズアップ↓
M8_3rd130707.jpg
個人的には、「やっちゃった感」満載だと思います。赤過ぎ。Lab調整2発で赤を持ち上げまくりました。

今月の「星ナビ」の表紙に少し出ているM8とM20はver.2くらい赤いです。
雑誌を購入して、「はい?ここまで赤くていいの?」って気になってしまって再処理しました。

ver.1くらいがいいかなと思っていますが、どれくらいがいいのか迷います。
正解が特に無いものを迷っているんですから、こんな気楽なこともないんですが。



コメント(0) 

三裂、干潟星雲 初の1時間超え [天体写真]

7月7日晴れ(こんな歌ありましたよね。ドリカムかな)。

一般に七夕と呼ばれる日に、満天の星空を満喫できて幸せな気分でした。
久しぶりの快晴。

自身初の総露光時間1時間を超えました。
「せっかく改造カメラだし、今日は浮気しないで1つの対象にしよう!」と思ってやってみました。
浮気しないのは、意外と根性が要りますね(笑)

総露光時間1時間13分の三裂(M20)、干潟(M8)星雲↓
M8M20_3minx21_2minx5.jpg

2013/07/07 23:01露光開始 石狩市厚田区別狩 豪快な天の川の下
FSQ-85ED (x0.73 reducer) 327mm F3.8
ISO:1600
EOS Kiss X5 改造+LPS-P2光害カットフィルター
SXP赤道儀、ノータッチガイド
2分x5枚、3分x21枚 トリミング無し
画像処理:ステライメージ7

チカチカうるさい微恒星を抑え過ぎた。。

トリミング三裂↓
sanretsu130707.jpg
気持ち流れてます。。が、いいことにしたい。後で直そうかな。

トリミング干潟周辺↓
higata130707.jpg

カメラ改造前のM8↓ (6月8日、2分x5)
higata.jpg
雲泥の差ですね。。


現地でたまたまご一緒したKさんから、星のお話を伺っている最中に凄いことが。。
タイマー撮影していたつもりが、Bulbでシャッター切っていただけであることが判明して645秒の露光をかけていました。。
M8_10minx1.jpg
レベル調整のみ↑

え。。。
流れが気にならない。拡大すると、さすがに少し流れていますが、許容範囲。
長いこと露光して、真っ白でしたけどレベル補正だけで、詳細なところまで写っている感じです。
やっぱり長いこと露光するのは、その意味が大きいんだなと痛感しました。

しかし、恐るべしピリオディックモーションエラー補正。
いや、私のセッティングが上手いんだな(違)
自分の中で、不意に記録を作ってしまいました。ノータッチ10分越え。
ガイド要らないな(爆)


コメント(0) 

札天月例会 [つぶやき]

7月6日は札幌天文同好会の月例会に出席しました。
網状星雲祭りで、私を含めて3名の網状星雲撮影の報告がありました。
網状星雲好きとしては、とても楽しかったです。

また、露光時間や口径、さらには公害カットフィルターの有無による星像の違いに関して、ベテランの方のお話を伺うことが出来て良かったです。参考になります。

にしても、20cmのパワーって凄いな。。。
いつの日か!

milkyway_bekkari-2.jpg
先日のはくちょう座付近を再処理。
微恒星の皆様には、すっこんでいただきました。
だいぶ天の川らしくなったかな。

コメント(0) 

ノータッチガイド成功率 [天体写真]

左:流れなかった写真、右:残念な写真
(網状星雲東、ピクセル等倍 327mm 2分1枚)
notauchguide.jpg
星像は見て明らかですが、星雲もかなりダメージ受けますね。。

ガイドシステムが無い今、ノータッチで撮影しています。

今の望遠鏡を購入する時に考えたこと。

●最初はガイド無しなので、明るい(口径比Fが小さい)望遠鏡で短時間で撮れること。
●流れることが予想されるので、できるだけ焦点距離が短いもの(レデューサー装着)。

この2点が最も大きな理由でした。
大きな口径の明るい反射が本当は欲しかったのですが、扱いが屈折より難しい面があったり、基本的にはいつもクルマでガタゴト移動するので見送りました。いつかは欲しいです。

4月から導入したものが写るようになり、その度に感動していました。
いや、未だに感動します。
おお~~~写ったよって。


やってみて、思ったより流れるもんだなぁという印象です。
ここ3ヶ月ちょいの、ノータッチガイド成功率をまとめてみました。

e time:露光時間、accept(A):成功枚数、error(E):失敗枚数、A/(A+E):成功率(%)
ここでの成功、失敗は目で見てコンポジットに使用したものを成功、除外したものを失敗としました。
極めて主観的です。

table.jpg

ピンボケ画像、レンズがベチャベチャで星像が極端に肥大化した日、パンスターズ彗星は除外して計算したところ、

総ノータッチガイド成功率:60.3%
PEC無し:52.9%
PEC有り:75.0%

試行回数が少なすぎるので信頼度がイマイチですが、ピリオディックモーションエラー補正はそこそこワークしている感じです。


コメント(2) 

網状星雲(東側NGC6992-5、西側NGC6960) [天体写真]

6月30日の網状星雲西側再処理(あまり変わっていないか)

ami_west_2.jpg
2013/06/29 21:02露光開始 石狩市厚田区別狩 闇度★★★★☆
FSQ-85ED (x0.73 reducer) 327mm F3.8
ISO:1600
EOS Kiss X5 IR(IRフィルター除去)+LPS-P2光害カットフィルター
SXP赤道儀、ノータッチガイド
2分x12枚 トリミング
画像処理:ステライメージ7

テスト撮影の4枚を追加してコンポジットやり直し。微恒星をさらに抑えました。
星雲と微恒星の嵐をバランスよく描写するのは甚だ難しいです。
どっちにしろ露出不足ですね。雲め(恨)


西側の前日(日付は同一だけど)に撮っていた、もっとひどい東側↓
(西側と同じスケール(拡大率))
ami_east_2.jpg

2013/06/29 01:10露光開始 石狩湾新港付近 闇度★★☆☆☆
FSQ-85ED (x0.73 reducer) 327mm F3.8
ISO:1600
EOS Kiss X5 IR(IRフィルター除去)+LPS-P2光害カットフィルター
SXP赤道儀、ノータッチガイド
2分x9枚 トリミング
画像処理:ステライメージ7

齢19.5の月が燦々と輝く中、どうしても改造カメラで撮ってみたくて撮ってみました。
PECしなかったので(?)、使えた画像は全20枚中9枚(寂)
流れ過ぎ。
写るには写りましたが、かなり残念な結果。

カメラが初期設定に戻っていて、全部JEPGで撮ってしまったことに後で気が付く始末。
もともとカメラ内で現像されているからでしょうけど、画像処理の感覚(各パラメータのレスポンス)がRAWの場合と全然違う。。特に星像に違和感が。西側に近づけたつもり。


この、下手っぴ写真をもとに、おりおんさんの真似してみました。すいません。真似にもほどがありますね。


モザイク↓
amieast_formosic_stitch2.jpg

次は同一写野に両者を入れてみて、長いこと撮りたいなぁ。
コメント(2) 

天の川 [天体写真]

最近よく行く、石狩市厚田区別狩地区は、平日でも何とか行ける圏内ではかなり暗い場所です。
先日の網状星雲の画角を調整してテスト撮影が終わった時に、はくちょう座方向の天の川を撮ってみました。

milkyway_bekkari.jpg

2013/06/29 20:55露光開始 石狩市厚田区別狩 (12℃。もうすぐ7月ですけど。。)
SONY α33 (SLT-A33) 50mm F4.5
ISO:1600
SXP赤道儀、ノータッチガイド
30sec×6枚 
(レリーズ、タイマーなどが無くて30secが最長露光。bulbで手で押しっぱなしならいけるけど。。)
画像処理:ステライメージ7

結構、ぼかしています。画質はあまりキレイじゃないかも(未熟な腕&カメラのためかな)。
右下の森の光は、恐らく岩見沢市からだと思います。肉眼じゃ気が付きませんでした。

撮影条件が違いますが、前回6月13日に札幌市内で撮影した同方向天の川↓
swan1.jpg
札幌市手稲前田森林公園駐車場
30secx6


多少時間がかかっても、撮影するためなら行く価値アリですね、別狩。
コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。