So-net無料ブログ作成

網状星雲 再処理 フラットが大事と気が付いた [画像処理]

晴れなく、画像ストックも全く無いことから網状星雲の再処理。
月明かり&酷い光害カブリの中で撮影したものをもう一度無理矢理再処理ver。
(無理矢理すぎて、写野の隅が汚くなりましたが)

どこまで出せるかという試行だったので、PCのモニターの解像度で小さく見てギリギリ見ることが出来るレベルです。背景は荒れまくり。プリントなんてしたら恐らく目も当てられないでしょう。

ami_v3.jpg

↓前回(2013年7月17日撮影)
ami_all130717.jpg

あんまり変わってないか。。
星雲自体はハッキリしてきたと思います。

私の写真はピンボケ気味というのもありますが、どうも軟調というかシャープさにかけるなぁと思っています。
最近、赤道儀は飼い慣らしてきた雰囲気がありますが、鏡筒の能力をフルに引き出せていません。
また、周辺減光の大きさも悩みの1つだったりします。

何故、これを再処理したかというと。。
ami_all130717zannen.jpg
レベルを切り詰め過ぎれば、酷い周辺減光、酷いカブリの中で、もっと星雲が写っているのになぁと思ったからです。

そう、適正なフラット処理をすれば出せるはずだと思いました。

以下は、自分への備忘録的に。
画像処理を普通にこなせる方には、何もおもしろくありません。

前回の周辺減光(SI7)
prior_shuhen.jpg

まぁ、酷いもんです。
これだけなら素直なカーブですから補正も出来なくはないですが、補正後がどうもしっくりきません。

いろいろ画像処理でフラット化のテクニックやソフトがあるようですが、今回は元画像から背景マスク的なものを作ってみました。

レベルは強調してあります。重い処理が鬱陶しくてビニングで縮小して作成後にリサイズしました。
mask_v3.jpg

で、元画像にこのマスクをコンポジットして色調を合わせたものが一番上の画像。

処理後の周辺減光補正画面(SI7)
shuhen_v3.jpg

フラットにはなりました。
荒れていますが(面倒でJPEGにした後の確認画像だし・・)。
丁寧にやったり、もっと確立されたテクニックやソフトウェアを用いればそれなりになるとは思います。

ただ、個人的には、画像処理でフラットを補正するのは必要最小限にとどめた方がいいんじゃないかと思っています。
面倒かつ難しいので。
そう、フラット撮影をして対応した方が、質が自然に高まると思うのです(当たり前か)。

近いうちに実践しなきゃ。

その前に、晴れてよ。。

コメント(0) 

自作フードとスパイダーの効果 [機材]

もう、どうしようもない工作ブログと化しています。
しかも、いろいろな方の自作グッズを拝見すると、自分のが非常に低質であり、もはや工作というのも恥ずかしいレベル。

ん~、技術力とセンスの問題ですか。

と、グダグダ思うのでありますが、全く問題なし。自分が納得できればいい。。。ことにする(汗)

8月2日以来、やっと晴れました。
ペルセウス座流星群の時は、観望には支障が無いレベルでしたが写真は絶対無理な空。

しか~し、嫁さんの都合でどうしても出かけることが出来ませんでした。

なので、窓から札幌の西側にある手稲山の山頂を撮りました。
自作フードによるケラレが心配だったので。

↓フード装着
teine_on.jpg

↓フード無し
teine_off.jpg

画像処理無し。ISO 200、1分間露光。右側の2本線は隣の家のアンテナ。。
レデューサー装着で焦点距離は327mm。
フードの影響によるケラレはありませんでした。
レベルを切り詰めて確認しましたが、全く問題なし。よかった~。
迷光防止環をつけて口径が16cm。計算上は13cmちょいでもケラレませんが、ちょっと不安でした。

ただ、鏡筒が少しおじぎをするようです。。
赤道儀等、一切動かしてませんが若干背景の電波塔が下方向に動いてしまいました。う~ん。


星ではありませんが、自作スパイダーを使ってみました。
teine_spider.jpg

ちょっとスパイダーが太いかな。。撮影には使えません。
ピント合わせに関しては、光条の見た目と、ぴんたんさんのピントエイドを併用してみましたが、どちらも一致しました。(光条の見た目によるピント位置=半値幅が最小値をとるピント位置)。
バーティノフマスクが何とかなるまでは、これらの併用で頑張る。。予定。


手稲山の上の電波塔群は、テレビの地デジのアンテナです。
市内から見える中では最も高い山(1000mちょい)の1つです。
市内から近い割には(?)、ちょっとミステリアスな面もあります。

昔は鉱山(金山)、今は廃墟。
戦時中の軍用道路もあります。
写真の裏側(電波塔の向こう側)は小樽方面ですが、山深く、少数ですが熊もいるようです。
コメント(9) 

段ボール製露よけフード 一応完成 [機材]

ダンボール製夜露対策フードの1号機がとりあえず完成。

筒の内側を黒くどのように塗ろうか思案しておりました。
その辺で売っている黒のスプレーは、大半がアクリル塗料です。
今回は、迷光低減よりも露よけが第一目標なので、アクリルだと吸湿性が損なわれると思い、踏みとどまっていました。

「黒いダンボール」の存在をコメントを通して教えていただきました。
確かにネットでは手に入りそうだけど、近くにないかなぁとウロウロ。

諦めて黒い画用紙を加工して貼ろうと思って手に取ったら、隣にありました!

で、貼ってみました。
IMG_0315.JPG

紙質が結構硬いのと、結局何を使って染めているか不安でしたので、表面を紙やすりで軽く荒らしました。

家の照明付近を覗くと。。。
IMG_0316.JPG

やはり反射が気になります。
(手前の黒くないところは、鏡筒とフィットする部分なのでどうでもいいのです)

簡単ですが迷光防止環をつけることに。
後は、外側をアルミテープで巻いて、一応完成です。ハッブルモデル(汗)

IMG_0317.JPG

上手くワークすることを祈ります。
(ちょっと紙質が硬くて不安なので、後でやわらかめの紙を足そうかな)
コメント(2) 

月夜の楽しみ2 ぐ~るぐる [天体写真]

アストロショップK'sデンキでカメラ三脚をゲットしました。
¥1881円。われらが望遠鏡メーカー、ケンコー製。

IMG_0314.JPG

天体写真趣味を始めて半年足らずの私が言っても説得力がありませんが、20日は物凄い透明度が高い日でした。しかも快晴。アンタレスやフォーマルハウトといった低空の星もバッチリ。瞬きも異様に少なかったです。

が、月が最大攻撃力を発揮しています。
月さえなければ、いいのが撮れそうだったのになぁ・・・

と、嘆いても仕方ないので、家の近所の公園でグルグル撮影。

guruguru2.jpg

2013/08/20 23:04撮影開始 前田森林公園第2駐車場
SONY alpha33 非改造
ISO:800 F4.5 50mm(標準レンズ)
15秒固定撮影 264枚
画像処理:ステライメージ7

リモートタイマーは、カメラが古いせいか、メーカー欠品中。納期2か月。。
で、手でポチポチポチポチ・・・・。インターバルは一定じゃないです。。
安定期の嫁と座布団敷いて、ポテチ食べながらポチポチポチ・・・・
手ブレ回避のために2秒後にシャッターが切れるようにセルフタイマー使用。
昨日より、圧倒的に良かったですが、たまに荒いところがあります。

ぐ~るぐる♪
結構楽しい。

日中の数回の積乱雲来襲&雨が、塵を落としてくれたのが良かったかなぁ。

右端に薄~~く、流星が入りました。
ペルセウス座を横切っているので、先日の流星群の残りじゃないですね。はくちょう座のかな。
DSC05535.JPG
コメント(4) 

月夜の楽しみ [天体写真]

夕方、GPVでは雲量ゼロ・・・で、激しい夕立。
上がった後は、空気中の塵を落としてくれたのか、何となく透明感が高い清々しい感じ。

こうなると、ソワソワしてしまいます。

が、分かっていましたが、月がデカい。眩しい~~。明るすぎる~~。

出かける時は快晴。
現地(石狩市厚田区)は曇り。。

最初は月を眼視で楽しんで、天の北極のグルグルを撮ってみることに。
撮ったことないし。

guruguru.jpg

2013/08/19 22:14撮影開始 石狩市厚田区嶺泊 
SONY alpha33 非改造
ISO:400
30秒固定撮影 70枚
架台:SXP赤道儀(爆) いい加減にテキトーな2000円くらいの三脚が欲しい。
画像処理:ステライメージ7

下側は雲で全滅なんで、半円(汗)
撮っている間カシオペア(右)も、眼でほとんど見えない程度の雲が海から流入。
でも写真だと写るもんだなぁ、ということで続行。

セッティングは私ですが、以降の撮影は全部嫁さんによるものです。
初めての星野写真よくできました!
胎教です(笑)

レリーズ持っておらず、タイマーも無し。
そう、シャッターをポチポチポチポチ・・・・・
よって、星像は酷いもんですが、このサイズで見ればいいでしょう。
しっかりした架台でも、シャッターの押し方で揺れますね。
(2秒程度のセルフタイマー機能を使えばよかった)

動画も作ってみたのですが、ブログに載せるためにサイズを圧縮しなければならず、まだ載せれません。。

月が明るくて、望遠鏡で撮影できない、でも何かしたい時は、しばらくこれで遊べそう。


やばい、寝ないと。
コメント(0) 

段ボール製フード [機材]

天体写真撮影で困っていることベスト3

●ピント
●電源
●夜露

露よけに関してはモバイル電源で使えるヒーターを手に入れたのですが、ちょっと発熱量が心もとない状態です。
晴れないので充分な検証が出来ていないのですが。。

紙製フードがあちらこちらで良い評判で、コメントも頂いておりました。
購入するのは価格もさることながら納期がかかるとのこと。
また、本格的に作るとなると、かなりの手間だなぁと思い、いい方法を探していたところ、ぴんたんさんのブログで段ボール製フードの作成が紹介されており、早速実践。
これを参考にして作られている方も多数いるようですね。

IMG_0311.JPG


簡単に光路図書いて計算したところ、口径を特に広めにとらなくてもケラレないことが分かりました。
(レンズ口径85mm、イメージサークル44mm)
フード長が200mmまでなら口径111mm以上あれば、レデューサー装着(FL=327mm)でケラレません。
フード長が300mmで123mm以上の口径があれば大丈夫。
(バックフォーカス長は無視しているので厳密には間違っています)

出来るだけ表面積を増やすために、筒型ではなくタケノコ型?ツチノコ型?の段々型にしてみました。
IMG_0312.JPG

口径は180mmです。段ボール部の有効距離が200mm。
鏡筒についているフードが95mm。これにこの段ボールを挿して総フード長は295mmとなります。

鏡筒に装着する側
IMG_0313.JPG

迷光防止環を付けるか迷い中です。
中を黒く塗って、外側をアルミテープかなんかで巻いて完成の予定です。
コメント(2) 

ロケハン 南天が暗い場所を求めて [その他]

天気が悪く、撮影出来ない日が続いていますのでロケハンしてみました。
いつも行く石狩市方向は南に札幌市が広がり、南天が明るいのです。

札幌近郊で暗い場所は?と言えば、私は真っ先に中山峠を思い浮かべていました。
中山峠山頂は札幌市の南端(正確には喜茂別町)ですから、北天は明るくても南天は暗いだろうと予想。

最近、同好会のベテランの方が「行ってきた。よかったよ」とのことで期待大。
難点は、市内中心部を抜けて行かなければならず時間がかかること(私の家は札幌の北端)。

↓中山峠頂上 道の駅「望羊中山」
DSC05189.JPG

羊は羊蹄山です。晴れている日は見事な蝦夷富士こと羊蹄山が見える景勝地ですが、今日は強風かつ強めの雨。。

さらに山頂方向へ。車で10秒くらい(笑)

↓北方向
DSC05190.JPG

↓南方向
DSC05192.JPG

スゲーいい空地だ!!

ただ、もの凄く晴天率が低いらしい。

いつもの石狩市別狩地区はかなり暗いですが、アンタレスは唯一の光害の上に輝きます。
望来は40km程度離れているとはいえ、みんな大好きススキノの場所が特定できそうです(笑)
中山峠、晴れればかなり期待できそうです。

コメント(0) 

ピントの問題 [機材]

私の写真、どこかのアニメのイケてないお父さんのように、いつもピンボケ気味です。
気になってはいるんですが、何とか堪えうるかなぁというギリギリレベル。
ピンボケ気味だと星像が大きくなって、流れが目立たないという利点もあります(爆)


そんなこんなで、ピント合わせお助けツールが欲しいわけです。
いずれも購入しても高くは無いのですが、晴れないし作ってみようと思って作りました。

十字でも少しはお助けアイテムになるかなということで、十字スパイダーマスクを作成。
(ちょっと前まで、黒のビニールテープでやってましたが、いちいち面倒でして)

↓自作十字スパイダーマスク。
IMG_0310.JPG

厚さ0.5mmの塩ビ板をサークルカッターで丸く切りぬいて、さらにアクリルカッターとサークルカッター、普通のカッターで扇型に切り抜きました。超簡単。ジャストフィット。
スパイダー、太すぎたかな~。
厚さ1mmの板は厳しかったです。サークルカッターで抜くのも一苦労で、とりあえずストップ。


ペルセウス座流星群観測会は訪れた皆さんに眼視で楽しんでいただいたのですが、若干自信をなくした場面もありました。
どうも、ピントが合っていないようです。
「視力等にも影響するものだから、(眼視のピントは)人によって違って当然。気にすることじゃないよ~」と仰っていただきましたけど・・・

利目(右)の視力は0.1、左は0.6。
決して良いとは言えません。

また、39歳にもなると人生の約半分が終わったわけで、白内障です(汗)
実は先天性白内障(両目)です。
仕事の実験で放射性同位体(RI)を使ってた時があって、それ専用の健康診断をサボったところ、「自分で病院行って診断受けてきて診断書出せ」と。

眼科行ったら「あれ~、白内障だね~。あ、これ先天性だわ。普段白っぽくみえませんか?」

おいおい、先天性なんだから、生まれた時からこの色だっつーの。
普段白っぽいとか、分かるかっちゅーの。

と、医者に言ったら、そうだよね~って(汗)

最近、気にしないようにしているのですが、視野の下3分の1くらいが白くボケる日が多くなってきました。

余計な話が過ぎました。

バーティノフマスクは難しそうだなぁ・・・

コメント(4) 

ペルセウス座流星群観望会最終日 [つぶやき]

昨日に引き続き、ペルセウス流星群観望会に出席しました。
昨日より雲が多く、条件は良くなかったのですが、早い時間に土星や月、しばらくしてからM31などを眼視で楽しみました。
流星は雲のせいもあってか、昨日より見ることはできませんでしたが、時折流れる星を堪能できました。
色んなお話を聞くことも出来て楽しかったです。

今月は天気が絶望的、かつ月も大きくなってくるので撮影は来月ですかね。
コメント(0) 

ペルセウス座流星群観望会 [つぶやき]

8月12日20時くらいから13日1時くらいまで、同好会によるペルセウス流星群観望会に行ってきました。
札幌を出た時は夕立で、またダメかなぁと思っていたところ、現地はほぼ快晴。

時折、厚い雲が出てくるものの素直に立ち去って、いい観望会でした。
眼視でM13、M31、M45などを導入して、声をかけてくださった人と観望を楽しみました。
時間が取れず、また訪れた方が多く、クルマのライトが激しい中でしたので写真はやりませんでした。

流星もそこそこでした。
すばるを突きぬく流星は素晴らしかったです。

極大2時間前にポツポツと雨が降ってきたので帰宅しました。

明日もやります。
コメント(0) 

IC1396再処理 PIT [天体写真]

10日のペルセウス流星群観望会は、安定の霧雨で事実上の中止でした。
テレビ局の方も張り切って来てくださったのに残念。
ただ、同好会としては11日と12日も開催予定なので、どちらかでも晴れてくれればと思います。

(8月11日修正:観望会開催は12日と13日でした。すみません)。


早めに現地に着いたものの霧雨で、設営はおろか雑談すらする気になれず、車内で画像処理してました。

↓再処理 ガーネットスターとその周辺のIC1396(8月2日に撮影。実は結構お気に入り)
IC1396_3minx28v2.jpg

最初に掲載したものと違いが分からないくらいですが、実はこの撮影、「ニセ北極星」で極軸合わせをしていまして。。。
過去数回やったことありますけど、頼むからどなたか北極星に付箋紙貼っておいてください。「コレ」って書いたやつ。

そう、実は28枚撮影で極軸がずれていることに気づくまで結構な枚数が流れてしまっていたのですが、さすが極単焦点。トリミング無しで完成写真をみると、ほとんど流れが気にならない。


でも、心の中では引っかかっていたので、以前コメントでお教えいただいたぴんたんさんのPITを用いてガイドエラー補正をしてみました。


↓再処理前の写真のアップ(200%)
IC1396_3minx28v1up.jpg

↓各コマをPITを用いて補正後、コンポジットして再処理したもの
IC1396_3minx28v2up.jpg

星像の分解がやや甘くなりましたが、カタチは明らかによくなりました。
使い勝手も良く、フリーで使わせていただけるとは凄い。
まだまだ修行中で、このソフトを教えていただくまで存じ上げませんでしたが、有名な方が開発された有名なソフトでした。ぴんたんさんには大感謝です。

観望会お開き後、同好会のS会長の観測所を見学させていただきました。
中にはデカい赤道儀が2つ、デカい望遠鏡(ε200など)がありまして、羨ましい限り。
蛇の抜け殻とかもありましたけど(笑)




コメント(5) 

ペルセウス座流星群 [つぶやき]

ペルセウス座流星群の極大予想日8月13日が迫ってきました。

明日21時から、石狩市厚田区嶺泊(通称:カシオペアの丘)で札幌天文同好会主催による観望会を行います。
ちょっと早いですけど、流れ星は普段よりは多いでしょう。
当日はメディアの取材も入るとのこと。
興味がある方は是非!

詳細→札幌天文同好会
コメント(4) 

オートガイド導入のために1 [機材]

3月から天体写真を始めて、現在まで赤道儀任せのノータッチガイドで追尾をしています。
半年弱でだいぶセッティングがスムーズに出来るようになったかなぁ、というところです。

安定して流れない写真を得るために、だいたい3分の露光で撮影するスタイルが定常化しています。
それを1時間程度分コンポジットしていますが、いい時のDEC方向の流れは、写真ベースで1時間に2ピクセル程度で、かなり高精度。
RAはPECを再生することで、いい時は1時間で20ピクセル程度です。

↓7月7日のM8。1コマ3分の画像を約1時間分比較明コンポジット。
nagare.jpg

ただ、わずか3分の露光ですから1枚1枚は星が点像になることが多くなりました。
最初の頃は、天の北極近くならよかったですけど、南方向(天の赤道付近)は30秒でも流れて大変でした。
訳が分からず、祈っていました(汗)

記録は327mmで10分ノータッチで許容範囲の流れで収まっていることが1回だけありました。
ですが、安定的に長いこと露光したい場合、やはりオートガイドがあると楽なんだろうなと痛感。

嫁の許可(というか、ありがたいことに早く買えと)が出ていることから、システムを考え中(楽しい)。

ガイド鏡は8cm, 400mm (F5)のORIONのやつが、贅沢だけど明るくて焦点距離もあるから長く使えそうでいいなぁと思っていました。ただ、ちょっと贅沢なんで、もう少し小さいのでもいいかな~と。


8月3日、札幌天文同好会の月例会に出席しました。
よく撮影をご一緒させていただいているUさんが。。。。。。。。

「俺、使っていないのあるからあげる」と。。。。

↓頂いてしまったもの。
IMG_0302.JPG

キターーーーーーーーーーーーーーーーーー。
ORION 8cm。

まじで?まじで?
しかもバンド付きって。Uさんは私の中で神格化されました(笑)

ネタで書いている訳じゃなくて、「ガイド鏡で最も贅沢するならこれだ」と思っていた鏡筒。
もの凄いビビりました。

恐縮しすぎです。
謝礼します。
本当に感激です。ありがとうございます。

コメント(8) 

M31 アンドロメダ銀河 ~人生2回目~ [天体写真]

お馴染み、M31アンドロメダ銀河です。
高く上がってきて、前回6月11日より条件が良かったです。

M31_3minx20.jpg

2013/08/02 23:29露光開始 石狩市厚田区別狩 夕飯は車内でポテチ。
FSQ-85ED (x0.73 reducer) 327mm F3.8
ISO:1600
EOS Kiss X5 改造+LPS-P2光害カットフィルター
SXP赤道儀、ノータッチガイド
3分x20枚 トリミング無し
画像処理:ステライメージ7

↓迫力を出すために少しトリム
M31_3minx20up.jpg

以前、コメントを頂いておりましたが、M31は特に画像処理が難しい気がしました。
コアが飛ばないように、かつ周辺部がクリアに出るように意識しましたが、恒星が写真に強烈な穴を開けたようにボツボツになりました。

同じ日に撮ったガーネットスター付近よりピントが甘くなっている気もします。ちょっと流れたし。

あと何回撮ることやら。
コメント(6) 

ガーネットスターと散光星雲IC1396 [天体写真]

レデューサー無しでM16かM17をと思っていたのですが、あまりの星空だったので浮気しました。
晴れたのは7月17日以来でした。

ケフェウス座のガーネットスターとIC1396です。
1枚撮ってみて、淡くてビックリしました。
象の鼻、見えるかなぁ。。

IC1396_3minx28.jpg

2013/08/02 20:56露光開始 石狩市厚田区別狩 流れ星多数 13℃って。。8月だけど。
FSQ-85ED (x0.73 reducer) 327mm F3.8
ISO:1600
EOS Kiss X5 改造+LPS-P2光害カットフィルター
SXP赤道儀、ノータッチガイド
3分x28枚 トリミング無し
画像処理:ステライメージ7

327mm、APS-Cで画角いっぱい。淡くて構図決めるのが大変でした。

ご一緒したKさんに、ガーネットスターは超デカいとお聞きして調べたところ、、、かなりの巨星ですね。

最近にしては湿度が高くなかったのですが、クルマや機材を入れる箱がベチャベチャになって、レンズも危ないと思ったので、急遽Kさんにヒーターをお借りました。助かりました。

久しぶりな感じで楽しかったです。

コメント(6) 

わし星雲M16とオメガ星雲M17の再処理(再加工) [天体写真]

今年から町内会の青少年育成部とかいう部の役員を仰せつかっておりまして。。
要は町内会の役員というやつです。柄でもないんですが。。
夏休みは朝6時15分にはラジカセ担いで公園に行ってラジオ体操をやって、子供たちにスタンプを押さなければなりません(笑)
5日間の開催で、一昨日に無事終わりました。
(私が子供の頃は夏休み中は毎日やってたけどなぁ)

夜は得意ですが、朝は昔から苦手です(若い証拠だっ)。徹夜は全然大丈夫ですけど、一度寝ると。。
寝起きが悪いんです。機嫌はいいのですが体がついてきません。
あ、凄くどうでもいいことですが、個人的な理由で人前で勝手に機嫌が悪くなる人は苦手です。
うちの上司とか(爆)

さて。
わし星雲M16の「創造の柱」って、一般アマチュア写真でもそこそこ見やすいはずだけど、どうかなということで、7月11日に撮ったものを再処理しました(晴れなくてね。。。)。

M1617_3minx19_2.jpg
全景だとよく分かりませんが、全体の色合いとコントラストは改善されました。

この写真、3分19枚のコンポジットですが、微妙にことごとく流れてくれました。
この流れには、最近は全くと言っていいほど気にならなかった赤緯成分ベクトルも含まれていました。

↓前回のM16の一部を拡大(200%)
M16former_up.jpg
最近、自分の中で好調だったので、油断してセッティング(極軸合わせ)が雑だった可能性大。猛省。

SI7の「ガイドエラー補正」でもイマイチ改善できず。下手なだけかもしれませんけど。
そこで、いつもの如く雲上先生のブログで勉強し、比較暗コンポジットを使って補正しました。19枚全部を試したので疲れました。処理というより加工した感満載。

↓今回のM16の一部を拡大(200%)
M16last_up.jpg
ん~、星像は円に近くなりましたが、分解能がかなり落ちました。。星雲自体も結構荒くなっちゃった。
でも、ここまで拡大して見ないということで(汗)、今回はこちらを採用。
パッと見て流れていると、残念感が大きいから、こっちで少し遠めに見るということで(再汗)

↓トリミングM16
M16_2.jpg
荒いですが、「創造の柱」は何とか分かりますかね。

↓トリミングM17
M17_2.jpg
M16よりいいけど、なんかダメだなぁ。
全然関係ありませんが、オメガというより個人的には心臓にしか見えないです。

M16、M17ともに大きくはないので、次回はせめてレデューサー外して、それぞれ単体で頑張ってみようかな。
焦点距離327mm(レデューサー有)と450mm(同無し)で、それほど流れがシビアに変わる気もしないのですが、ガイド導入前に調べておくのも楽しそうだし(坊主が怖い)。



コメント(5) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。