So-net無料ブログ作成
検索選択

春の駄作シリーズ3(最終) [天体写真]

M13もボケボケだし、もうやめた~と思っていたら月がこんにちは。

月を真面目に(?)撮ったことが無いのですが、撮る度に難しいなぁと思っています。

moon140323.jpg

2014/03/24 01:50露光開始 安平町追分 -6℃
FSQ-85ED (x0.73 reducer) 327mm F3.8
ISO:100相当 x5クロップ
EOS Kiss X5 改造+LPS-P2光害カットフィルター
SXP赤道儀
300フレームをRegistax6で処理&PSCS6

色は感覚で(汗)
ちょっと明るい所が下手くそですかね。。

ムチャクチャ致命的にシーイングが悪いわけでもない気がしてきた・・・。いや、悪いか。



最後に土星も動画で撮ってみました。
saturn.jpg

シャープで羨ましいでしょ?(爆)
これでも5秒に1回は輪が見えたんですけどね~。

コメント(6) 

春の駄作シリーズ2 [天体写真]

腰が痛くて、この時間にアップ。

先日のM51の後に撮りましたM13。

撮るもの無いなぁと空を見たらベガ。
あ~、M13か~。
大気の状態も良くないし、ビミョ~過ぎるだろ、と思いながら。

やはり10分4枚でギブアップ。
真ん中飛びました。
多段階でツブツブ感アップを・・・と一瞬思うも、なにせ空の状態が良くなく戦意喪失。
星もデカい。。

M13up.jpg

2014/03/23 23:58露光開始 安平町追分 -6℃
FSQ-85ED 450mm F5.3
ISO:1600
EOS Kiss X5 改造+LPS-P2光害カットフィルター
SXP赤道儀
ORION shorttube80、SBIG ST-i + PHD guidingによるオートガイド
10分x4枚 しっかりトリミング済み

全景↓
M13all.jpg

これも処理は数分です。

球状星団はピントやガイドのチェックに最適な対象ですね、、、、って、M13しか撮ったことありません。

去年の↓
M13-3.jpg
去年の方がいいな。。
コメント(2) 

春の駄作シリーズ1 [天体写真]

昨日3月23日、久しぶりに撮影に出かけることが出来ました。

現地に向かう途中、高速道路の事故の影響で降りたことが無いICで強制的に出されるという。。
で、迷子。ナビ無し。

東に向かえばいいので、昇ってきたアークトゥルスをめがけて走れば・・・着いた。
原始人。よかった天文趣味で(笑)

快晴・・・しかし。。
シーイングが悪いとはこのことか!というくらいに揺れる揺れる。
バーティノフマスク的にはジャスピンだけど、グラグラ。
おかげで星がデカいです。10分4枚でギブアップ。

M51up.jpg

2014/03/23 22:50露光開始 安平町追分 -6℃
FSQ-85ED 450mm F5.3
ISO:1600
EOS Kiss X5 改造+LPS-P2光害カットフィルター
SXP赤道儀
ORION shorttube80、SBIG ST-i + PHD guidingによるオートガイド
10分x4枚 しっかりトリミング済み

全景↓
M51all.jpg

春はつまらんぞ~。小さいぞ~。望遠鏡が短いという話しですが。。

先日、画像処理にどれくらいの時間を費やしているのかというご質問を頂きました。
これは、15分くらいです。ほとんど何もしてません。
ダーク引いて、フラットで割って、レベル調整して、ちょっとシャープかけて、諦めました。
気合ゼロ。

初めてBackyard EOS実戦投入。ややテンションアップ。なんかカッコイイ。

byephd.jpg

途中、車でゴロゴロしてて、、、、立てない。
激痛。ぎっくり腰。

今日はコルセットです。

迷子、大気ユラユラ、ギックリ腰と、盛り沢山な1日でした。


コメント(17) 

2014年星ウォッチング発表会 [その他]

3月21日、札幌市社会福祉総合センターで開催された「2014年星ウォッチング発表会」で発表の機会を頂き、1年間の活動を簡単に発表させていただきました。

赤道儀の使いこなし(ノータッチガイド撮影)→オートガイド撮影で作品作り→その他

使った全スライドです(一部改変されています)

スライド1.JPG

スライド2.JPG

スライド3.JPG

スライド4.JPG

スライド5.JPG

スライド6.JPG

スライド7.JPG

スライド8.JPG

スライド9.JPG

スライド10.JPG

スライド11.JPG

スライド12.JPG

スライド13.JPG

スライド14.JPG

スライド15.JPG

スライド16.JPG

スライド17.JPG

スライド18.JPG

スライド19.JPG

スライド20.JPG

スライド21.JPG

スライド22.JPG

スライド23.JPG

スライド24.JPG

スライド25.JPG
コメント(12) 

小物をポチポチと・・・ [機材]

先日、注文したUSBの温度・湿度計TEMPerHUM。
無事、シンガポールから到着。

DSC06341.JPG

なかなか、よろしい感じ。
Backyard EOSで、外気の温度、湿度、露点を表示。温度変化のログが自動で保存されます。
また付属のソフトでリアルタイムでモニターグラフを書けます。
byewether.jpg
別にこれでいい写真になるということはないのですが、何か理化学的でテンションアップ。
将来、ピント移動を調べる時にも有効。
湿度のせいで失敗したという根拠にもなる(笑)


三脚の足(フラットナ―)と今さら赤色LED換装ライト
DSC06343.JPG

某天文ショップでポチっ。
フラットナ―はビクセンが品切れ、タカハシが1個6~7000円だっけな。。
これは硬質プラスチック製。3個で3800円。う~ん、お得♪
(しかし、製品が髪の毛まみれでした。。。)。

積雪期は三脚が沈むので、最初は鉄板を敷きました。
が、滑るし凍って雪から剥がれなくなるし。
次に木を使ってみました。全く問題が無かったのですが、ついついネットで見つけてしまってポチ。

ライトは、実は爆裂に明るいものを使っていました。
眼の暗順応を待つほど眼視で遊ばないので1人の時はいいですが、誰かとご一緒する時は迷惑だよなと思っていたので。
いや、欲しかったわけではないのですが、三脚フラットナ―の隣にあったので、ついつい連続ポチ。。


最近になって、今さらフェイスブックを始めました。
もともとアカウントは持っていたのですが、全く使っていませんで。
気が向いて使ったところ、結構楽しいですね。クセがありますけど。
CIAに情報が抜かれているは有名な話ですが、隠すプライベートが全く無いのでノープロブレム。

フェイスブックに貼ったやつ。最近の我が家の日常。
別に遠近法では無い。
どころか、赤ん坊に寄りかかる長男4歳(白髪)。
family.jpg

コメント(4) 

宇宙物理学と画像処理 [つぶやき]

また文字だけブログ。嫌なんですけどね。楽しかったので。

今日(正確には昨日)、宇宙物理学の教授とお話しする機会がありました。
別件だったのですが、宇宙好きとしては萌えポイント満載の教授室だったので、つい雑談を持ちかけてしまいました。
快く(?)ご対応下さって、非常に楽しかったです。

脱線して、魔女の横顔星雲の写真とか見ていただきました(汗)

その教授は、分子雲の衝突エネルギーから銀河形成までをスーパーコンピュータでシミュレーションしています。

分子雲の主成分であるHIIが衝突して、高エネルギー体を形成し、恒星になるまでは何となく感覚的に理解できますが、それが銀河を形成するまでですから、道のりが長いです。

また、M82とかに顕著にみられる、銀河からのジェットとブラックホールについても教わりました。
天文雑誌に書いてあるくらいの事しか知りませんでしたので、なんか得した気分です。

私の魔女の横顔の写真を見て、「この辺の黒い部分(暗黒ガス)が怪しいなぁ~」とか、もう楽しかったです。

観測の方は、苫小牧にある電波望遠鏡で観測しているそうです。
いいですよね、電波望遠鏡。
天気関係ありませんから。

また、何と画像処理の話しまで。
昔々、ある人が写真を撮ると、銀河の詳細構造やジェットが写っていたのですが、誰も再現できなかったそうです。(当然、ここでSTAP細胞に話題が移りました(汗))

しかし、その人は今で言うコンポジットを行っていたそうです。
世界中の研究者がマネしたら、みんな成功したようです。
今の写真と遜色ないデータが得られて、喜んだそう。

ちなみに、光害カブリは処理しなきゃダメだそうです(笑)
「光害カブリは、目的対象ではないので、大雑把に言ってノイズです。ノイズを綺麗に除かないと、その目的物の構造を正確に描写しているとは言えず、人工的なノイズ込みのデータとなるから」

いや~、宇宙物理学教授のお墨付き、画像処理(笑)
この理屈(屁理屈か?)を、さら~っと言えるあたりがいいですね。

さらに、「目的の詳細な構造を明らかにするため、視認性を上げるために彩度をあげるのもあたりまえ」だそうです(嬉)

コメント(4) 

STAP細胞 [つぶやき]

天体写真趣味の場所に書かなくてもいいのですが。
はけ口が無いもので(爆)

異常に面白くないので、暇な人だけ~


何だかSTAP細胞が大変なことになっています。
報道が正しいとすれば、高確率で捏造、不正ということになると思います。

私は、研究界という所に身を置いています。
小保方さんに対するバッシングが「自称科学者」によってネットで盛んなようです。
そう、このようなブログで云々言う限り、私も自称科学者(笑)

そんなことはいいんです、別に。

この類のネタの報道は残念ながら、ほぼ正しいことが多いです。
博士論文から続く不正の疑いが強くなってしまいました。
大変残念に思います。
そんな中の山梨大の教授の行動は、当然の事なんですが、素晴らしいと思いました。

小保方さんが捏造、不正、コピペをしたのであれば言語道断ですが、個人的にはそれ以上に(?)気になることがあります。
あくまで私感です。

研究者は何のために研究をしているのか。

自国民の健康のため、福祉のため、など大義はあります。

でも現実は違います。

自分が偉くなるため。研究費を獲得するため。
もう、これに尽きます。

アカデミアに属する研究者の名誉欲、名声欲は並大抵のものじゃありません。
特にライフサイエンス等、世界との競争が激しい分野では顕著だと思います。
もちろんそうじゃない方も多数いらっしゃいます。
件の山梨大の教授は良識があるという印象を持った方も多いと思います。私もそうです。

当然、ほとんどの方は謙虚ぶります(笑)

お前はどうなんだと言われると困りますが、近いうちに明確に答えられます(謎)


偉くなりたい、名声が欲しい、認めてもらいたい、そういった思いが彼女にあって、少し弱い自分が出てきたなら十分に今回の事はあり得ることだと思いました。


また、アカデミアに限らずどこの社会でもそうかもしれませんが、業績に乏しく、政治や人事的な仕事ばかりする人が要職を務めることが多いです。
ムチャクチャ結果を発信する大学教授が、学部長とかをやることが少なく思います。
誰も引用しない論文をたくさん書いて教授になったが、肝心の研究は注目されず研究費も無い。
だから学科長になってみたので皆さんを管理しますよ、みたいな人の山です。


研究費とは多くの場合は税金で賄われます。
余ったら国庫に返納する・・・当たり前のことです。
血税を使用している意識に欠如している人間が多すぎます。
「私の才能に国民は金を払う義務がある」と言う教授もいます(失笑)

私の例ですが、年度末に研究費が240円余りました(笑)
返すと言ったら、上司に怒られました。
何でもいいから240円使い切りなさい。返すなんて言語道断。とのことです(笑)

残念ですが、研究者は自分が偉くなるために、名声が欲しいために、税金を使って研究し、結果は「いい雑誌」に論文を出すというのが実情です。
その結果が科学の発展、さらには国益になるという説明は得意気にしますが、研究しているときはこれっぽっちも考えていない人が多いと思います。

小保方さんも、もし不正の自覚があるなら、よくネイチャーに投稿したなぁと、ある意味で驚きました。
やっぱり名声がほしかったのかなぁと思わざるを得ません。
権威のある雑誌なら、結構大変なことになることは予想できそうなもんなのですが。。


私事ですが、ちょっと前までネイチャーの次と言われた(ネイチャー不採用だったらここに出すみたいな)雑誌に論文を投稿して載りました。
(ネイチャーは落ちました)
その雑誌、今は大したことないのですが。

載った後は結構大変でした。

何がって、上司が自分の名前で報道されていないことに強い不快感を(核爆)

まぁ、そんなの序の口。
恐らく上司は知らないであろう所で報道されたり。
当然ながら不正等は一切ないので困ることはありませんでしたが、大変は大変。

捏造するなら、もう少し計画的にやらないと(違)

まだ私が天体写真をやり始めていない頃、でも比較的近年(?)に、天体写真でも盗用事件みたいのがあったんですよね・・・。
よく知りませんが、その天体写真を盗用した人と小保方さんの心境は、比較的似ているのかなと想像します。

仮に捏造、不正だったとして。
反省して、またやり直せばいいだけです。やり直すチャンスはあるんだと思います。
反省の仕方が直近で一番重要なことだと思うなぁ。

不正じゃないなら、堂々と説明すべきです。隠れちゃいかん。

そして、調査は理研や早稲田に任せて、マスコミは静かにした方がいいかと。。
もし不正ならば、マスコミは反省を促すような流れを作ってあげればいいのではと。
マスコミってパワーがあるから、そういった力の使い方が有意義だと思う。
批判や否定、叩くだけなら誰でも出来ますからね。
これに限ったことではないですが、個人的に対案や解決策を示さない否定や批判は卑怯だと思います。
もし不正が無かったら、マスコミは潔く謝るべきだとも思います。

コメント(14) 

大失敗のM78 [天体写真]

マルカリアンチェーンを撮った2月23~24日、実はM78も撮ってみたのでした。
が、かつてないほど酷い写りで、捨てようかと思ったのですが、もったいないので処理。

西に傾いた明るい空の上に浮いていたのを無理に撮りました。
明るいし、湿度が高すぎだったしで大変な日でした。

もう、とんでもなくセンスのない画角。
バーナードループ横断(汗)
マルカリアンチェーンといい、この日は画角を決めるのが面倒だったらしい。

M78.jpg

2014/02/23 21:05露光開始 安平町追分 -14℃(かなりの高湿度)
FSQ-85ED (x0.73 reducer) 327mm F3.8
ISO:1600
EOS Kiss X5 改造+LPS-P2光害カットフィルター
SXP赤道儀
ORION shorttube80、SBIG ST-i + PHD guidingによるオートガイド
6分x11枚 トリミングしたいわ・・・

コンポジットしてレベル切り詰めただけ↓ 極彩色な背景(笑)。かつてない酷さ。
M78SI.jpg

周辺ミラーボックスの(?)陰りが強く出てるし、フラットじゃない感が凄いし、何か変だった1日。
明るい空って撮るの難しいですね。。って当たり前か。。。

言わなくていいことを。
画像処理に関して、所詮改造だだとか、人工物だだとかゴチャゴチャ否定してくる方がおります。

そうです。改造です。上の写真を見ればお分かりかと。
いいんです。作品制作なんで。天文学じゃないんで。


コメント(8) 

ダークを頑張ってみたら・・・ [画像処理]

晴れませんし、おまけに強風で今さら吹雪気味なのでダークフレームでも撮ってみるかと。
帰りに買ってきた天ガと星ナビ見ながら~。

カメラを2時間ほど冷蔵庫内に放置。よく冷えました(笑)
が、庫内は6℃。初めて温度計で計ってみましたが、結構温かくないか、コレ。
もう8年目だしな・・・。

で、Backyard EOSが示す温度は1℃。ん~、何でかねぇ。
ま、こんなもんだろうと。カメラって温度検出器ついているの?
付いていないのに温度取得できる?
やっぱ分からんな・・・。

で、10分1枚・・・取得時1℃表示。
2枚目・・・10℃www
値が正確じゃないのはいい。この上昇具合。吹いた。

時間経過とBYE表示温度(1フレーム10分露光。途中の温度降下は風呂入ってて放置)。
Temp_perturbation.jpg

途中、風呂入って放置したら温度が少し低下。
10分露光で追加撮影、最終的に20℃まで・・・。

温度検知がおかしいだけで、像は問題ないでしょ・・・・、あった(爆)

左から1℃、13℃、20℃表示時のダークフレーム画像(見やすいように思いっきり明るくしています)。
noisetest.jpg

13℃と20℃は、ここでは分かりにくいですが、SIやPSで開くと明らかに違う・・・。

ミラーアップして撮るとアンプノイズが乗るかもってBYEの説明に書いてありますが、ミラーアップ(ロック)させてませんし、アンプノイズ(熱カブリ)と思われるものは見えません。

いつも撮影時、現地に着いたら速攻でカメラを外に出して温度順応させてましたが、長い露光で熱を帯びるようです。

これは撮影に行ったら、温度順応もそうですが、ダミーで捨てダークでも撮りながら機材を設営した方がいいかもしれません。もしくはライトフレームの少なくとも最初は捨てるか・・・いや、時間がもったいない。。

激安中古のボディを買ったので、素性がよく分からないカメラ(EOS Kiss X5)です。
個体特有の症状とか、実は限界が近いとか、そういうこともあり得るよなぁ・・・。

あまり見たくなかったデータだけど、見ておいてよかったです。
ダークはいつもバッチリ合っているわけではない原因はこういうところにあるのかも。
コメント(4) 

Backyard EOSでダークライブラリー作成 [天体写真]

別に回し者じゃないですが、Backyard EOS(BYE)が秀逸過ぎる気がしてます。
もしかするとホントに$50はお買い得かもしれない。

露光時間2秒でダークをテスト撮影カメラは冷蔵庫の中(笑)
BYEdarkall.jpg

便利なのはココ
BYEcic.jpg

センサー温度が6℃。

この温度の値が正確かどうかはどうでもいい(全く違うことはなさそう)。
この値を基準にすればいいだけであって。

だいたい私、センサー温度の情報を引き出せるなんて知りませんでした。
Exifにはデータが出力されるのでしょうが、これをイチイチ確認は面倒過ぎるし、ExifがあるとSIでは直接読めないらしいですし。。
凄いぞEOS、凄いぞBYE、凄いぞUSB

ストーブの前にカメラを移動して撮ると、当たり前ですが徐々に温度が上昇。

この温度も設定で(デフォルトのままでも)ちゃんとファイル名に書いてくれちゃう。
なので温度計とにらめっこしなくても、一晩適当なところにカメラを放置して、連続撮影しておけばダークの画像が貯まる~。
ファイル名見て、センサー温度が書いてあるから、その温度別に保存しておけばライブラリーになる~。

これでやっとダークライブラリーを作る気になりました。
現地で撤収が済んで、どうせ撮影の時と若干温度が違うのにと思いながらダーク取得を待っている時間が嫌で仕方なかったので、データが貯まれば嬉しいなぁ。




コメント(2) 

Backyard EOSをポチっと・・・ [機材]

今日は変な時間に寝てしまって、今おはようございますのam3:40・・・。

晴れません。
今週も絶望的です。
来週はとんでもないことが起きない限り、順調に月が大きくなってくるでしょうし。。

で、前から気になっていたBackyard EOSをポチっと・・・、してしまいました。

http://www.backyardeos.com/
↑この作者が面白そう。about usやcontact usを読むと。。
ビール欲しいとか(笑)

まだ立ち上げただけですが。
bye.jpg

カナダの人が作ったEOS専用の天体撮影用ソフト。
ピント合わせがやりやすく、ドリフトで極軸を追い込む機能まで。
PHD guidingと同期したディザリング機能まで(これやったらダーク合わない気がするけど)。
露光時間のセットもバッチで指定できるので、多段階露光など最初にセットすれば全部やってくれちゃう。
現地でヒマになるという噂もチラホラ。

30日間無料トライアルがあって、それをお願いしたら・・・無反応。
ちゃんとクエリーが送られていない感じ。。

イラっとして、$50でポチっと。
そしたら即反応(笑)
この商売上手め・・・。

早く試したいなぁ~

温度と湿度も表示できるけど、USB温度計と湿度計が必要らしく・・・。
yahooから自動取得も出来るらしいけど、現地の温度が正確に反映されているわけもなく。。

それもポチった・・・ $22.5 ビミョ~、この商売上手め。ぶっちゃけそんなに正確じゃないだろうけど。
th.jpg






コメント(19) 

天体写真を始めたきっかけ(続き) [つぶやき]

(昨日の続き)

昨日からちょっと意味不明瞭に感じる箇所があるかと思いますが、故意です。


彼はビリヤードの大きな大会に出るためにいつものように一緒に練習をしていました。
ですが、ちょっとめまいがしていて揺れるからか、球が入りません。

そんな日、彼は親知らずが痛くて歯医者へ。
切って抜いて・・・血が止まらなかったそう。
口いっぱいの血を何度も出したらしい。

で、歯医者で輸血。
「この医者、どの血管切ったんじゃいボケ」くらいだったようでしたが、歯医者でここまでの出血は・・・例があるのか?

後日、検査を受けました。

彼は、急性白血病でした。まぁ、ガンなわけです。

歯医者がきっかけで発見できて、かなりの早期でした。
放っておけば余命は1年無いかもしれないとのことでした。
2日くらいは自暴自棄だったそうです。

彼は少しの間、「酷い食中毒に、流行性じゃないインフルエンザ(B型)が重なって」とか、分けの分からんことを言って病院へ。

無菌室とかに入るのですが、特にやることも無く。
汚いもの扱いされている気がしてイライラしたと聞いています。

そこで出会った沢山の子供たち。
幼稚園や学校に行ったことがまだ無い子供たち。
行きたくても行けない。

彼は中学校の教科書で星に興味を持ちました。
そこの子供たちは、興味を与えてくれる学校や友達付き合いが厳しく制限されています。
ずっと病院ですから。
情報源は、親とテレビ。本だって、親が本というものを教えてくれなければ本にすら興味を持てない環境。

学校に行けばいい、地元の科学館にいけばいい。
そんなことすらかなわない子供もいるのです。


無菌室から出た彼は、子供と遊んでいました。みんなツルツル坊主です。
私も一緒にいました。
そこで会った子供が土星の形の紙で作った首飾りをしていました。
ベットで工作したんでしょう。

そんな子供たち。
昨日まで一緒に遊んでいた子供たち。

次の日には、お星さまになっていたりします。
そんなことが日常茶飯事な世界があります。

残酷とか、そんなレベルではありません。
それを表現する言葉は無いんじゃないかと思います。

土星の紙製首飾り。
星が好きな子供。

そういえば星が好きだった彼と私。

天文趣味って子供のために、心情の安定のために、興味を注ぐ材料として、いや何でもいい、何かの役に立つことだってあるんじゃないか。そんな風に思いました。
天文、宇宙物理関係は相変わらず就職難のようですが(笑)

望遠鏡を覗かせてあげることも出来ないから、写真を見せてあげよう。
天体写真ってそういえば憧れだった。
大人になったらいつかやるんだって思っていた。
そんなんで始めました。

「何で写真なんて撮るの?」
たまに聞かれます。
こういう場合の「何で」は疑問文じゃありません。否定文です。「なんて」にかかってます。係り結び。

好きだからに決まってるだろうがボケ。
何でカレーなんて好きなの?って聞かれているようなもんじゃい。

笑って返すくらいの余裕はありますが、天体写真だっていいものだって示したくなっていたのは事実。

そんなこんなで、稚拙な写真ばかりではありますが図鑑を作ってみました。
流通はしませんが、子供たちが闘病を余儀なくされている医療施設や福祉施設に寄付しようと思います。

仮版が出来ました。

↓表紙
DSC06274.JPG

↓中身
DSC06278.JPG

↓裏表紙
DSC06276.JPG
他にもいっぱいお教え下さった方が沢山いらっしゃいますが、ご本名を存じ上げないため今回はご容赦ください。第2号があればお伺いするかもしれません。

私だけじゃなく、ご協力いただける方の写真を集めてボリュームのあるものも作ってみたいなぁ。。

どうでもいいですが、印刷の質ww。もう吹きました。
どぎつい。特にRは飽和。暗黒星雲はGが浮いて、もうカビかっていうかんじの緑。。
もしかして自分のPCの色が変なだけで、皆様こんなド派手な写真を見ているのか?と少々不安です。
コメント(8) 

1歳になりました。 [つぶやき]

息子が12月に生まれて1歳になりました。
すいません、嘘です。

3月になりました。天体写真趣味を始めて1年になりました。
これからは初心者を脱却し、初級者として頑張る・・・つもりであります。

もう5行目ですか・・・。
読み物としては面白くないので、以下はド暇な人限定で。


天体写真を始めたきっかけを。うわっ、もうつまらないニオイがしますねぇ。

ある青年がいました。
青年は私と同一人物かと思うほどに、性格や嗜好が似ています。
多分、一卵性かと。

青年は中学校の授業で星に興味を持ったようです。
教科書の見開きのすばるの写真が心に響いたようです。

買ってもらった望遠鏡で彼はすばるを見ました。
青くないです。よく聞く話です。
で、木星ばかり見ていたそうです。今日の衛星の配置はどうだという感じで。

ちなみに青年は所謂、「素行不良」でした。
物は壊すわ、喧嘩は絶えないわ。先生とタイマン張るわ。
数学が得意で100点取っても通知箋の成績は4。
満点で4。90点の人が5。速攻でお礼参り。。

そんなでしたので、天体観測は仲間に言わず、ひっそり家で楽しんでいました。
地味で馬鹿にされるとでも思ったのでしょう。
知っていたのは私だけでした。

彼は進学し、大学を卒業。で、大学院に。
理由は働きたくなかったから。

学生時代は星を忘れ、飲んで飲んで、麻雀してパチンコ行って。たまに学生らしく勉強
帰るのは1日おき。私もそう。
そんな彼はずっと私と一緒で、ビリヤードに心血を注いでいました。
大学院も終わり、勤めてからもビリヤードをしていました。

↓イメージ図(10年くらい前の私です)
bi.jpg
全日本アマチュアポケットビリヤード選手権大会京都KBSホール

また、明日。

コメント(10) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。