So-net無料ブログ作成
検索選択

リベンジ失敗 アイリス星雲 [天体写真]

再処理ではなく、再撮影
リベンジ失敗。敗北感満載・・・。

アイリス星雲、完全に鬼門です。

iris2.jpg

2014/05/29 22:14露光開始 石狩市厚田区別狩 9℃
FSQ-85ED 450mm F5.3
ISO:1600
EOS Kiss X5 改造+LPS-P2光害カットフィルター
SXP赤道儀
ORION shorttube80、SBIG ST-i + PHD guidingによるオートガイド
10分x14枚
トリミング無し
画像処理:RAP2, SI7, PSCS6 (ダーク8枚、フラット10枚、フラットダーク10枚)

ちょっとCameraRawで輝度ノイズ処理を強くかけすぎたかな。。

現地について小一時間、やるかやらないか迷いました。
透明度が明らかに悪い。なんか明るい。。。
薄明終了後もいつもより暗くない。
割と風が強い。

GPVでは22時から曇りそうだったのですが、南の低空に雲が出てきたものの一向に迫ってこない。

決心して設置。ん~と思いながらもダラダラやってしまいました。
天の川がぼんやりという状況で、やはりイマイチでした。
透明度が良い日、来ないかなぁ~~。

去年も一度あった、縞々ノイズもまた少し出ました。。。
コンディションは仕方ないですが、マシントラブルは嫌です。。

黒っぽいもの、白っぽいもの、青っぽいものは難しいのが相場だと思いますが、アイリスは今年は縁がないのかな~。
次回は赤いの撮りたい(笑)

コメント(6) 

銃声の中で [天体写真]

パンパンパン・・・ドカーーーン、パンパン・・・シーーーン、ドカーーーン。

一般社会では聞いたことはないですが、どう考えても銃声だろっていう音の中の撮影でした。
近くといえば近くに自衛隊の演習場があるので、そこでの演習かと思います。
実弾か空砲かは分かりません。

iris.jpg

2014/05/24 23:48露光開始 勇払郡安平町 8℃
FSQ-85ED 450mm F5.3
ISO:1600
EOS Kiss X5 改造+LPS-P2光害カットフィルター
SXP赤道儀
ORION shorttube80、SBIG ST-i + PHD guidingによるオートガイド
10分x7枚
トリミング無し
画像処理:RAP2, SI7, PSCS6 (ダーク8枚、フラット10枚、フラットダーク10枚)

設置までは良好な空模様でしたが、その後だんだん透明度が下がりました。
7枚中3枚目以降は、北斗七星が肉眼で見えるかなぁ~くらい(大汗)
北極星はほとんど見えません。
しばしばガイド星は無くなりました。
かなりの時間、ノータッチガイドです。。。

せっかく来たから(っていうか、設置してしまったし)ということで、撮影しましたが・・・。
質はおそらく10分2~3枚程度分でしょう。
周辺の暗黒ガスがメインですが、全然出ませんでした。

目で北極星がほとんど見えなくても結構写るんですね(驚)
もうやりたくないですけど。。。

あ、アイリス星雲です。一応。
南のひくーーい星雲だと勘違いしていて、今までスルーしていました。


銃声。
実弾だとして、特にドカーーンっていうやつ、おいくらするんですかね。
タカハシの黄色いやつとか、冷却CCDとかより高いんですよね。きっと。

銃声の合間のシーーンとした時、お笑いのカウカウの当たり前体操が頭でヘビーローテーション。

しーーーん、引く♪
みたいな。






コメント(14) 

はくちょう座再処理 [画像処理]

はくちょう座モザイクの再処理です。
前回はカラーバランスが取れないままでしたが、今回はできるだけ合わせてみました。
継ぎ目は・・・よく見たら分かります。よく見なくていいです(汗)

↓おいしい所だけ
sadr_mosaic3.jpg

↓掛け軸(縦) 要拡大(クリック
sadr_mosaic2.jpg

↓横ver. 要拡大(クリック)
sadr_mosaic1.jpg
コメント(4) 

画像再処理テスト Sh2-129 [画像処理]

画像再処理Sh2-129。

コントラスト上げめで、淡い部分は無理しませんでした。
PS3-2.jpg
コレ3時間(私にしてはかなり長い)、今後時間がある時に少しずつ撮り溜めて、淡い部分が無理なく出せたらなと思います。

↓前回の。
Sh2-129.jpg

前回のを色が合っている(はず)のモニターで見ても、意図したものよりもかなり赤かったので再処理しました。
今回のをいつものノートPCで見ると物足りないのかなぁ(悩)
※追記:ノートPCで見たら今回のは青&マゼンタカブリで、前回の方が良く感じる・・・。新モニターで見たら今回の方が圧倒的に良く、前回のはRとGが五月蠅すぎる。。

色もそうですが、新モニターはフラット感と映り込みの少なさで満足。
遮光フードを自作してみよう。
コメント(8) 

色管理と命拾い [画像処理]

カラーマネージメントで混乱していました。

いくら手元の画像の色が正しくとも、ネットを通じての写真公開は他人様にどう見えているか分からないし、コントロールすることは不可能。

しか~し、性分なのか職業病なのか知りませんが、正しいものがあるならば触れてみたい。

で、「いや~、モニターとか欲しかったりするし~」と、嫁さんに漏らす。
ノートPC、iPad(←すっかり嫁さん専用機になってしまっている)、デスクトップモニターを見てもらうと、「買った方がいいんじゃない?」って。

ん~、出来た嫁さんである。てっきり刺されるかと思っていたので。
もう少し長生き出来るらしい。

今日届きました。EIZO CS230。EIZOのカラーマネージメント対応液晶モニター

↓カラーマッチング中。
DSC06637.JPG

比較対象が無くても驚きました。
白は白い、赤は赤い、青も青い。
何より、異様な感覚にすら思えるフラット感。

一応、画像処理は根拠をもって数字管理しています。
たぶんその根拠が間違えているからか、センスが足りないからか、数字管理だけでは綺麗に見えてこないことがあるので、結局最後は感覚的な処理で沼にハマります(汗)

ただ数字管理である意味デジタル的にやっている以上、カラーマネージが効くのはいい環境かと思いました。

プリンター購入がまた少し遠のきました。
冷却CCD購入はさらに遠のきました(笑)


コメント(6) 

色管理 カラーマネージメント [画像処理]

DSC06632.JPG

仕事も遊びも手前のレッツノートがメイン機種です。
天体写真の画像処理も。
Core i5、メモリ8Gで特に不自由はしていません。
ノートPCが若干青カブリであることは知っていましたが・・・。

ちょっと前から使い始めたiPad。
思いのほかキレイでいいのですが、やや黄色くかぶっているように見えます。
iPadやiPhoneの色合わせって出来るのか知りませんが、やる人は圧倒的に少ないんだと思います。
つまり、標準の色として扱っていいのではないかという気がしています。

先日、某所の払い下げで手に入れた(といっても自分のですが)、DELLモニター
26インチ。デカい。
しかし5年物で、出世の見込みのない私の席(窓際)においてあったので、黄色く焼けています。
これで自分の写真を見ると・・・・。

まっかっか。赤すぎ。

何が本当の色か分からなくなりました・・・。
windows付属の簡易的な色とガンマ補正で、少しはまともになった気がしますが、やはり分かりません。

よく知人から、「写真赤いよね~」と言われますが、なるほど、手持ちのノートPC以外で見ると確かに赤い。

困ったなぁ・・・。

色が変で困っていますが、デカいモニターで処理をしようとすると、見やすくて感動します。
ノイズも見やすくて、今までのはなんだったんだって感じです。

PC本体は、Xeon (4CPU)、メモリ12G(中途半端)。
HDDは1Tを2枚でRAIDにしています。快適。


コメント(4) 

たぶん今年のGW最後 [天体写真]

いまいちパッとしませんでしたが、恐らくGW最後ということで、1つは少し長いこと露光をかけたものが欲しいなぁと思って撮ってみました。

Sh2-129です。
Sh2-129.jpg

2014/05/04 23:26露光開始 石狩市厚田区別狩 2℃
FSQ-85ED /w x0.73 reducer 327mm F3.8
ISO:1600
EOS Kiss X5 改造+LPS-P2光害カットフィルター
SXP赤道儀
ORION shorttube80、SBIG ST-i + PHD guidingによるオートガイド
10分x18枚
トリミング無し

はくちょう座付近のケフェウス座で、天の川の中。
赤一辺倒でのっぺり感が否めません。。

右側の暗黒帯の濃さから、周りはガスが多いことが窺えます。
なので、淡いガスを大事に処理しましたが、コントラストが低かった気もします。
潰してハイコントラストにしようとしたのですが、もやもやガスに萌えるのでこんな感じで。

ネット上のシャープレスカタログから選択しましたが、そちらはナローバンド撮影でかなりシャープ。
撮ってみて淡いしシャープな感じじゃなくてちょっと残念でしたが、デジ一ではこう写るんだということで妥協しました。

と、真面目な感想(汗)

今回はネットで拾ってきましたが、いや~ステラナビっていいですね~。
対象を探しやすいですわ~

昨年のGWはこの趣味を始めたばかりだというのもあって張り切っていたのですが、最終日に晴れたのみで悪天候でした。
今年はそこそこ出かけることが出来てよかったです。

札幌天文同好会の皆様>
4日は上司の家に伺う用事がありまして、MLWを欠席しました。
で、夜中は撮影に出かけるという、なんとも若干の罪悪感がありますが、どうぞお許しを。
コメント(6) 

南天の極彩信号機 [天体写真]

やっと撮れました。

antares.jpg

2014/04/29 23:50露光開始 石狩市厚田区別狩 2℃
FSQ-85ED /w x0.73 reducer 327mm F3.8
ISO:1600
EOS Kiss X5 改造+LPS-P2光害カットフィルター
SXP赤道儀
ORION shorttube80、SBIG ST-i + PHD guidingによるオートガイド
5分x10枚
トリミング無し

M106とパンスターズを撮って、何か面白くないなあと思い、撮ってみました。
特徴的な五角形を確認できたので、ご一緒した方々が続々と撤収する中、続行。

1時間に満たない露光時間ですが、何とか絵にすることが出来ました。

持っている(と言っても大したことない)画像処理の方法を、たぶん全て投入しました。
アンタレス、低くて札幌の明るい空の上で輝いています。南天の低い所以外は充分暗いのですが・・・。
LPS-P2装着でも5分がいっぱいです。

撮って出し↓
antares_origin.jpg

ここからよくあぶり出たと、完全に自己満足です(汗)

南天が暗い所でバッチリ撮ってみたいです。
画角的にも窮屈なんで、モザイクしたいなぁ。

赤く明るい星を撮ると、(たぶん)CMOSとフィルターの間の反射が物凄くて困っています。
今回のアンタレスの周りは、「悪意のない改ざんです」(大汗)

南斗五車星。個人的にはいつもこう呼んでいます。。。
上から時計回りに、風のヒューイ、炎のシュレン、山のフドウ、雲のジュウザ、海のリハクになります。
北斗の拳ネタです。すみません。

コメント(11) 

M106 [天体写真]

パンスターズ彗星を撮っている最中、例の如く「デカい銀河って無いのか~?」と探して、妥協の選択M106。

おいしい所だけのトリミング
M106up.jpg

2014/04/29 22:32露光開始 石狩市厚田区別狩 2℃
FSQ-85ED 450mm F5.3
ISO:1600
EOS Kiss X5 改造
SXP赤道儀
ORION shorttube80、SBIG ST-i + PHD guidingによるオートガイド
10分x6枚
トリミング済み。

小さな銀河がチラホラ。

全景↓
M106.jpg

ん~・・・・。
コメント(2) 

パンスターズ彗星C/2012 K1とアルカイド [天体写真]

月と何かが接近したり、火星と何かが接近したりすると、何かのメディアに紹介されたりします。
アイソンとかパンスターズも結構な賑わいでした。
天文ブームなのか?と思うほどに、一般紙にも大きく出ることもありますね。

で、全く相手にされていないパンスターズC/2012 K1と北斗七星のケツのアルカイドとの接近。

K1_1.jpg

2014/04/29 20:46露光開始 石狩市厚田区別狩 4℃
FSQ-85ED 450mm F5.3
ISO:1600
EOS Kiss X5 改造+LPS-P2光害カットフィルター
SXP赤道儀
ORION shorttube80、SBIG ST-i + PHD guidingによるオートガイド
3分x20枚 彗星核基準コンポジット

現地について、彗星を撮りながら何を撮ろうか考えていました(無計画)。
1時間も撮ってしまいましたが、動きが小さいです。

アルカイドはステラナビによれば1.85等、彗星は8.8等。
逆だったら迫力あるんだろうな~。
コメント(8) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。