So-net無料ブログ作成
検索選択
つぶやき ブログトップ
前の20件 | -

100日の写真(親バカ) [つぶやき]

先月、生後100日を迎えた息子の優太

(4月25日追加↓ FBにアップしたもの)
Yuta100-2.jpg

Yuta100-1.jpg

可愛いなぁ(親バカ)
コメント(8) 

宇宙物理学と画像処理 [つぶやき]

また文字だけブログ。嫌なんですけどね。楽しかったので。

今日(正確には昨日)、宇宙物理学の教授とお話しする機会がありました。
別件だったのですが、宇宙好きとしては萌えポイント満載の教授室だったので、つい雑談を持ちかけてしまいました。
快く(?)ご対応下さって、非常に楽しかったです。

脱線して、魔女の横顔星雲の写真とか見ていただきました(汗)

その教授は、分子雲の衝突エネルギーから銀河形成までをスーパーコンピュータでシミュレーションしています。

分子雲の主成分であるHIIが衝突して、高エネルギー体を形成し、恒星になるまでは何となく感覚的に理解できますが、それが銀河を形成するまでですから、道のりが長いです。

また、M82とかに顕著にみられる、銀河からのジェットとブラックホールについても教わりました。
天文雑誌に書いてあるくらいの事しか知りませんでしたので、なんか得した気分です。

私の魔女の横顔の写真を見て、「この辺の黒い部分(暗黒ガス)が怪しいなぁ~」とか、もう楽しかったです。

観測の方は、苫小牧にある電波望遠鏡で観測しているそうです。
いいですよね、電波望遠鏡。
天気関係ありませんから。

また、何と画像処理の話しまで。
昔々、ある人が写真を撮ると、銀河の詳細構造やジェットが写っていたのですが、誰も再現できなかったそうです。(当然、ここでSTAP細胞に話題が移りました(汗))

しかし、その人は今で言うコンポジットを行っていたそうです。
世界中の研究者がマネしたら、みんな成功したようです。
今の写真と遜色ないデータが得られて、喜んだそう。

ちなみに、光害カブリは処理しなきゃダメだそうです(笑)
「光害カブリは、目的対象ではないので、大雑把に言ってノイズです。ノイズを綺麗に除かないと、その目的物の構造を正確に描写しているとは言えず、人工的なノイズ込みのデータとなるから」

いや~、宇宙物理学教授のお墨付き、画像処理(笑)
この理屈(屁理屈か?)を、さら~っと言えるあたりがいいですね。

さらに、「目的の詳細な構造を明らかにするため、視認性を上げるために彩度をあげるのもあたりまえ」だそうです(嬉)

コメント(4) 

STAP細胞 [つぶやき]

天体写真趣味の場所に書かなくてもいいのですが。
はけ口が無いもので(爆)

異常に面白くないので、暇な人だけ~


何だかSTAP細胞が大変なことになっています。
報道が正しいとすれば、高確率で捏造、不正ということになると思います。

私は、研究界という所に身を置いています。
小保方さんに対するバッシングが「自称科学者」によってネットで盛んなようです。
そう、このようなブログで云々言う限り、私も自称科学者(笑)

そんなことはいいんです、別に。

この類のネタの報道は残念ながら、ほぼ正しいことが多いです。
博士論文から続く不正の疑いが強くなってしまいました。
大変残念に思います。
そんな中の山梨大の教授の行動は、当然の事なんですが、素晴らしいと思いました。

小保方さんが捏造、不正、コピペをしたのであれば言語道断ですが、個人的にはそれ以上に(?)気になることがあります。
あくまで私感です。

研究者は何のために研究をしているのか。

自国民の健康のため、福祉のため、など大義はあります。

でも現実は違います。

自分が偉くなるため。研究費を獲得するため。
もう、これに尽きます。

アカデミアに属する研究者の名誉欲、名声欲は並大抵のものじゃありません。
特にライフサイエンス等、世界との競争が激しい分野では顕著だと思います。
もちろんそうじゃない方も多数いらっしゃいます。
件の山梨大の教授は良識があるという印象を持った方も多いと思います。私もそうです。

当然、ほとんどの方は謙虚ぶります(笑)

お前はどうなんだと言われると困りますが、近いうちに明確に答えられます(謎)


偉くなりたい、名声が欲しい、認めてもらいたい、そういった思いが彼女にあって、少し弱い自分が出てきたなら十分に今回の事はあり得ることだと思いました。


また、アカデミアに限らずどこの社会でもそうかもしれませんが、業績に乏しく、政治や人事的な仕事ばかりする人が要職を務めることが多いです。
ムチャクチャ結果を発信する大学教授が、学部長とかをやることが少なく思います。
誰も引用しない論文をたくさん書いて教授になったが、肝心の研究は注目されず研究費も無い。
だから学科長になってみたので皆さんを管理しますよ、みたいな人の山です。


研究費とは多くの場合は税金で賄われます。
余ったら国庫に返納する・・・当たり前のことです。
血税を使用している意識に欠如している人間が多すぎます。
「私の才能に国民は金を払う義務がある」と言う教授もいます(失笑)

私の例ですが、年度末に研究費が240円余りました(笑)
返すと言ったら、上司に怒られました。
何でもいいから240円使い切りなさい。返すなんて言語道断。とのことです(笑)

残念ですが、研究者は自分が偉くなるために、名声が欲しいために、税金を使って研究し、結果は「いい雑誌」に論文を出すというのが実情です。
その結果が科学の発展、さらには国益になるという説明は得意気にしますが、研究しているときはこれっぽっちも考えていない人が多いと思います。

小保方さんも、もし不正の自覚があるなら、よくネイチャーに投稿したなぁと、ある意味で驚きました。
やっぱり名声がほしかったのかなぁと思わざるを得ません。
権威のある雑誌なら、結構大変なことになることは予想できそうなもんなのですが。。


私事ですが、ちょっと前までネイチャーの次と言われた(ネイチャー不採用だったらここに出すみたいな)雑誌に論文を投稿して載りました。
(ネイチャーは落ちました)
その雑誌、今は大したことないのですが。

載った後は結構大変でした。

何がって、上司が自分の名前で報道されていないことに強い不快感を(核爆)

まぁ、そんなの序の口。
恐らく上司は知らないであろう所で報道されたり。
当然ながら不正等は一切ないので困ることはありませんでしたが、大変は大変。

捏造するなら、もう少し計画的にやらないと(違)

まだ私が天体写真をやり始めていない頃、でも比較的近年(?)に、天体写真でも盗用事件みたいのがあったんですよね・・・。
よく知りませんが、その天体写真を盗用した人と小保方さんの心境は、比較的似ているのかなと想像します。

仮に捏造、不正だったとして。
反省して、またやり直せばいいだけです。やり直すチャンスはあるんだと思います。
反省の仕方が直近で一番重要なことだと思うなぁ。

不正じゃないなら、堂々と説明すべきです。隠れちゃいかん。

そして、調査は理研や早稲田に任せて、マスコミは静かにした方がいいかと。。
もし不正ならば、マスコミは反省を促すような流れを作ってあげればいいのではと。
マスコミってパワーがあるから、そういった力の使い方が有意義だと思う。
批判や否定、叩くだけなら誰でも出来ますからね。
これに限ったことではないですが、個人的に対案や解決策を示さない否定や批判は卑怯だと思います。
もし不正が無かったら、マスコミは潔く謝るべきだとも思います。

コメント(14) 

天体写真を始めたきっかけ(続き) [つぶやき]

(昨日の続き)

昨日からちょっと意味不明瞭に感じる箇所があるかと思いますが、故意です。


彼はビリヤードの大きな大会に出るためにいつものように一緒に練習をしていました。
ですが、ちょっとめまいがしていて揺れるからか、球が入りません。

そんな日、彼は親知らずが痛くて歯医者へ。
切って抜いて・・・血が止まらなかったそう。
口いっぱいの血を何度も出したらしい。

で、歯医者で輸血。
「この医者、どの血管切ったんじゃいボケ」くらいだったようでしたが、歯医者でここまでの出血は・・・例があるのか?

後日、検査を受けました。

彼は、急性白血病でした。まぁ、ガンなわけです。

歯医者がきっかけで発見できて、かなりの早期でした。
放っておけば余命は1年無いかもしれないとのことでした。
2日くらいは自暴自棄だったそうです。

彼は少しの間、「酷い食中毒に、流行性じゃないインフルエンザ(B型)が重なって」とか、分けの分からんことを言って病院へ。

無菌室とかに入るのですが、特にやることも無く。
汚いもの扱いされている気がしてイライラしたと聞いています。

そこで出会った沢山の子供たち。
幼稚園や学校に行ったことがまだ無い子供たち。
行きたくても行けない。

彼は中学校の教科書で星に興味を持ちました。
そこの子供たちは、興味を与えてくれる学校や友達付き合いが厳しく制限されています。
ずっと病院ですから。
情報源は、親とテレビ。本だって、親が本というものを教えてくれなければ本にすら興味を持てない環境。

学校に行けばいい、地元の科学館にいけばいい。
そんなことすらかなわない子供もいるのです。


無菌室から出た彼は、子供と遊んでいました。みんなツルツル坊主です。
私も一緒にいました。
そこで会った子供が土星の形の紙で作った首飾りをしていました。
ベットで工作したんでしょう。

そんな子供たち。
昨日まで一緒に遊んでいた子供たち。

次の日には、お星さまになっていたりします。
そんなことが日常茶飯事な世界があります。

残酷とか、そんなレベルではありません。
それを表現する言葉は無いんじゃないかと思います。

土星の紙製首飾り。
星が好きな子供。

そういえば星が好きだった彼と私。

天文趣味って子供のために、心情の安定のために、興味を注ぐ材料として、いや何でもいい、何かの役に立つことだってあるんじゃないか。そんな風に思いました。
天文、宇宙物理関係は相変わらず就職難のようですが(笑)

望遠鏡を覗かせてあげることも出来ないから、写真を見せてあげよう。
天体写真ってそういえば憧れだった。
大人になったらいつかやるんだって思っていた。
そんなんで始めました。

「何で写真なんて撮るの?」
たまに聞かれます。
こういう場合の「何で」は疑問文じゃありません。否定文です。「なんて」にかかってます。係り結び。

好きだからに決まってるだろうがボケ。
何でカレーなんて好きなの?って聞かれているようなもんじゃい。

笑って返すくらいの余裕はありますが、天体写真だっていいものだって示したくなっていたのは事実。

そんなこんなで、稚拙な写真ばかりではありますが図鑑を作ってみました。
流通はしませんが、子供たちが闘病を余儀なくされている医療施設や福祉施設に寄付しようと思います。

仮版が出来ました。

↓表紙
DSC06274.JPG

↓中身
DSC06278.JPG

↓裏表紙
DSC06276.JPG
他にもいっぱいお教え下さった方が沢山いらっしゃいますが、ご本名を存じ上げないため今回はご容赦ください。第2号があればお伺いするかもしれません。

私だけじゃなく、ご協力いただける方の写真を集めてボリュームのあるものも作ってみたいなぁ。。

どうでもいいですが、印刷の質ww。もう吹きました。
どぎつい。特にRは飽和。暗黒星雲はGが浮いて、もうカビかっていうかんじの緑。。
もしかして自分のPCの色が変なだけで、皆様こんなド派手な写真を見ているのか?と少々不安です。
コメント(8) 

1歳になりました。 [つぶやき]

息子が12月に生まれて1歳になりました。
すいません、嘘です。

3月になりました。天体写真趣味を始めて1年になりました。
これからは初心者を脱却し、初級者として頑張る・・・つもりであります。

もう5行目ですか・・・。
読み物としては面白くないので、以下はド暇な人限定で。


天体写真を始めたきっかけを。うわっ、もうつまらないニオイがしますねぇ。

ある青年がいました。
青年は私と同一人物かと思うほどに、性格や嗜好が似ています。
多分、一卵性かと。

青年は中学校の授業で星に興味を持ったようです。
教科書の見開きのすばるの写真が心に響いたようです。

買ってもらった望遠鏡で彼はすばるを見ました。
青くないです。よく聞く話です。
で、木星ばかり見ていたそうです。今日の衛星の配置はどうだという感じで。

ちなみに青年は所謂、「素行不良」でした。
物は壊すわ、喧嘩は絶えないわ。先生とタイマン張るわ。
数学が得意で100点取っても通知箋の成績は4。
満点で4。90点の人が5。速攻でお礼参り。。

そんなでしたので、天体観測は仲間に言わず、ひっそり家で楽しんでいました。
地味で馬鹿にされるとでも思ったのでしょう。
知っていたのは私だけでした。

彼は進学し、大学を卒業。で、大学院に。
理由は働きたくなかったから。

学生時代は星を忘れ、飲んで飲んで、麻雀してパチンコ行って。たまに学生らしく勉強。
帰るのは1日おき。私もそう。
そんな彼はずっと私と一緒で、ビリヤードに心血を注いでいました。
大学院も終わり、勤めてからもビリヤードをしていました。

↓イメージ図(10年くらい前の私です)
bi.jpg
全日本アマチュアポケットビリヤード選手権大会@京都KBSホール

また、明日。

コメント(10) 

寒中見舞 [つぶやき]

柄にもなく親バカ寒中見舞を作ってみました。

km.jpg
コメント(10) 

雪イラネ [つぶやき]

犬の散歩中に古~~い携帯で撮ったんで、見にくいったらありゃしませんが。

町内の雪。
「とまれ」の標識ってこんな低かったけか?・・・

SH350104.jpg

例年より札幌はちょっと多いくらいなんですが、私が住んでいる所は小樽市まで数分で石狩市まで数分の札幌市。京阪奈のあのあたりみたいな感じ(笑)
今年は石狩市が多いみたいで、私の家の辺りもちょっと多め。

道北や内陸方面の方に比べれば無いも同然でしょうが、もう要りませんわ。。


天体趣味のネタが無くなりました。どうしましょ。
コメント(6) 

明けました [つぶやき]

さっき数時間前にお世話になりましたと書いたばかりですが。。
明けました。

干支にちなんで皆さんアレの写真で新年最初のブログをアップする方が多いと思いますが。
馬並み。あ、すいません。

はい、明けましておめでとうございます。
再処理ですが。。

2014ver. 大晦日、明ける直前にテレビ見ながらちょっとテキトーでした・・・
umapsup.jpg
10分5枚
処理:RAP2, SI7, PS CS6

全景↓
umaps.jpg

以前の 2013ver.↓
uma_10minx5_v1.jpg
処理:SI7


昨年は身内(祖母)が鬼籍に入りましたので、新年のあいさつは欠礼するのが常識?らしいのですが・・・。
その辺の一般常識が欠如しているようです(汗)
身内以外の方に、喪中でしてと説明するのも面倒だし。。

喪も明けたと考えちゃダメですかね。
(調べたところ、明治時代に作られた忌服規定によると祖父母は喪の期間は5ヶ月だそうで。現代では続柄に関係なく1年が喪中とするのが一般らしい)。

今年もよろしくお願いいたします。
頼むよ、マジで(笑)
コメント(12) 

大変お世話になりました [つぶやき]

天体写真趣味を始めた2013年が間もなく終わりますなぁ。

今年、直接お会いすることが出来た皆様、ネット上で知り合うことが出来た皆様、本当に大変お世話になりました。
ありがとうございました。
この趣味に関して、誰一人として知り合いのいなかった私が色々な方を知ったり、お話し出来たことはこの上ない喜びの1つであります。

また来年もよろしくお願いいたします。

来年の目標
1.プリントしてみる(プリンターを買わなければならないという話もある)
2.モザイクをやってみる

今年は、晴れていて体力があれば撮影に行くという、「習うより慣れろ」とか「下手な鉄砲・・・」という行動でした。
来年は、身の回りの状況的に不本意ながら(汗)、「少ないチャンスをものにしなければならない」感じになりそう。

最後に再処理していたM45でお茶を濁して、よいお年を。
M45ps.jpg

コメント(6) 

来てしまいました [つぶやき]

ついに・・・。

我が家の庭
DSC05744.JPG

すぐに融けるでしょうが、時間の問題です。
コメント(0) 

縁 私事 [つぶやき]

9月6日、祖母が94歳で他界しました。
同日、知り合いの方が他界しました。

知り合いの方は、私たち夫婦の結婚式の来賓の方でした。
嫁さんの職場関係の方で、私自身は8年ほどお会いできていませんでしたが、嫁さんの直属の上司で、嫁さんは毎日会っていました。


祖母の2つ隣の炉で、知り合いの方の火葬が行われていました。

こんなところで、久しぶりにお会いする偶然。
こんなところで。

札幌には巨大な火葬場が2つあります。
結構混んでいましたが、同じところで、同じときに、縁のある二方が出発しました。
その場にいました。

知り合いの方のご遺族にも挨拶できました。
「何かの縁ですかね」と仰っていました。
望まぬ局面ですが、縁は感じました。

私は、科学的な仕事をしています。
だからというわけではありませんが、考え方が現実主義かもしれません。
個人的には無宗教。
念じても祈っても、物理的に何かが変化することはないと思っている。

でも、二人とも星になったと思えれば、少し和らぐ気がしました。都合いいですね。。
「和らぐ気」。これこそ、宗教に救いを求める端的な一例だと思います。
宗教を決して否定はしません。

科学者といえども、欧米では「宗教宗派は問わないが、敬虔に何かを信じる者」が採用基準に盛り込まれていることは、特に驚くべきことではありません。

今度晴れたら、撮影しながらばぁちゃんと知人の星を探してみようと思いました。

ちょっと前に撮った、M45。雲で肉眼では見えませんでしたが写りました(汗)
ピント合わせて、シャッター切ったら雲来襲。ボケボケx100。
tesdtM45.jpg

綺麗な星になっているかな。
ばぁちゃん、太ってて優しかったから赤色巨星だな(笑)









コメント(4) 

星見キャンプ [つぶやき]

8月31日~9月1日の1泊2日で、お隣り町の小樽市の天文同好会が主催するキャンプに参加させていただきました。
場所は磯谷郡蘭越町。札幌から3時間弱でしょうか。
全天が真っ暗とお聞きしており、楽しみにしておりましたが、あいにくの天気。
台風崩れの温帯低気圧による雨雲が直撃で、終夜雨が降っていました。

ですが、専用のバーベキュースペースで焼き肉をやって、大変盛り上がりました。

翌朝は雨も上がり、清々しい感じでした。寝不足ですが。

DSC05566.JPG


8月に撮影できたのはわずか1日(8/2)だけでした。。
天気が良くならないかなぁ。。
コメント(0) 

ペルセウス座流星群観望会最終日 [つぶやき]

昨日に引き続き、ペルセウス流星群観望会に出席しました。
昨日より雲が多く、条件は良くなかったのですが、早い時間に土星や月、しばらくしてからM31などを眼視で楽しみました。
流星は雲のせいもあってか、昨日より見ることはできませんでしたが、時折流れる星を堪能できました。
色んなお話を聞くことも出来て楽しかったです。

今月は天気が絶望的、かつ月も大きくなってくるので撮影は来月ですかね。
コメント(0) 

ペルセウス座流星群観望会 [つぶやき]

8月12日20時くらいから13日1時くらいまで、同好会によるペルセウス流星群観望会に行ってきました。
札幌を出た時は夕立で、またダメかなぁと思っていたところ、現地はほぼ快晴。

時折、厚い雲が出てくるものの素直に立ち去って、いい観望会でした。
眼視でM13、M31、M45などを導入して、声をかけてくださった人と観望を楽しみました。
時間が取れず、また訪れた方が多く、クルマのライトが激しい中でしたので写真はやりませんでした。

流星もそこそこでした。
すばるを突きぬく流星は素晴らしかったです。

極大2時間前にポツポツと雨が降ってきたので帰宅しました。

明日もやります。
コメント(0) 

ペルセウス座流星群 [つぶやき]

ペルセウス座流星群の極大予想日8月13日が迫ってきました。

明日21時から、石狩市厚田区嶺泊(通称:カシオペアの丘)で札幌天文同好会主催による観望会を行います。
ちょっと早いですけど、流れ星は普段よりは多いでしょう。
当日はメディアの取材も入るとのこと。
興味がある方は是非!

詳細→札幌天文同好会
コメント(4) 

他の趣味とか [つぶやき]

天体写真ネタが無いまま1週間が過ぎました・・・。
いや、ホントに天体ネタのブログの継続は難しいです。

最近の札幌(北海道)は、「大気の状態が不安定」とかで激しい感じの天候です。
かなり強風で、青空見えながら黒い雲が流れてきて雨が降るとか。
全国的にも天候が良くないようですね。特に東北地方。

先週末は埼玉県と東京都にいました。

夕方、さいたまスーパーアリーナでTM NETWORKのライブに。
初めてのさいたまスーパーアリーナ。デカかったなぁ。

SH350096.jpg

色々ありましたが、小室哲哉を神と崇めて30年弱。
シンセサイザーが趣味だったりします。最近おろそかですが。

SH350098.jpg
↑上から、
KORG microKORG (ボコーダー機能有)
YAMAHA EOS YS-200 (EOSの初期型。今となってはある意味レアか)
YAMAHA DX7II FD (往年の名器。The FM音源)
YAMAHA EOS B2000 (EOS 最終型)

microKORG以外は、かなり古く(DX7とYS-200は80年代)現役機種ではありませんが、今となってはFM音源がなかなか新鮮に感じます。

SH350099.jpg
↑別部屋のRoland Fantom G6
これは生産中止になったものの、まだまだ現役ですね。
音楽番組でもプロの方々が使っているのを頻繁に見ます。今回の小室さんも使ってたかな。77鍵のG7かも。

あ~、天体写真ネタで更新できるのはいつかな~
天気悪いなぁ~
(ここに天気が良くないと書くと、すぐに晴れる傾向にあるので書いてみる)



コメント(12) 

埼玉県 [つぶやき]

出張で埼玉県に来ています。
思ったより暑くなくて、拍子抜けしました。

コメント(0) 

札天月例会 [つぶやき]

7月6日は札幌天文同好会の月例会に出席しました。
網状星雲祭りで、私を含めて3名の網状星雲撮影の報告がありました。
網状星雲好きとしては、とても楽しかったです。

また、露光時間や口径、さらには公害カットフィルターの有無による星像の違いに関して、ベテランの方のお話を伺うことが出来て良かったです。参考になります。

にしても、20cmのパワーって凄いな。。。
いつの日か!

milkyway_bekkari-2.jpg
先日のはくちょう座付近を再処理。
微恒星の皆様には、すっこんでいただきました。
だいぶ天の川らしくなったかな。

コメント(0) 

ネタ無し [つぶやき]

過去、いくつかブログを持っていましたが、天体写真ブログを継続するのは大変ですね。。

ストック写真無し、知識無し、ネタ無し。
天気悪し(6月22日深夜、9日ぶりに星が見えました)、都合により出かけられない。
満月、しかもスーパームーン。

これで、何を更新すれば。。ん~、難しい。


基本的に写真無しで語れるほどの文才はありませんので、文字だけの更新は避けたいです。
ブログは読むものじゃなくて、見るものと言った方がしっくりくる気がしていますので。


最近、電源に悩んでおります。
今はポータブル電源1台(12V 17Ah)で赤道儀のみを駆動しています。
PCは電源もちがいいタイプなんで一晩なら余裕。

しかし、4時間くらいしかもちません。このポータブル電源。
ステップパルスモーターは電気を食うらしいですが、それにしてももちが悪い。
ガンガン自動導入かけているわけじゃないんですけどね。。
やたら安かったので、すでにバッテリーがへたっている可能性もある。

これからだんだん夜が長くなってきて、もしヒーターとかガイドとかを導入した時、全然足りない。

天文同好会のS会長に相談して、インバータを使って電源システムを構築しようかなと思案中です。
何個もポータブル電源をゴロゴロ持っていくの嫌だし。

ディープサイクルバッテリーがいいなと思っていますけど、赤道儀より重いし充電大変だし。
リチウムイオンバッテリーは最強だけど、高額すぎるし。

どうしようかなぁ。。
コメント(0) 

FSQ-85ED [つぶやき]

ネタが無いので。
梅雨の無いはずの北海道も天気が優れません。

愛機FSQ-85ED。
FSQ-85ED.jpg
(タカハシのwebサイトより勝手に拝借画像)

見ての通り、大雑把には「屈折式望遠鏡」です。
タカハシ曰く、この鏡筒は「改良型ペッツバール」だそうです。
ペッツバールはもちろん人名で、「明るいカメラレンズを発明した人」です。
数学者で、あのボルツマン分布のボルツマンの師匠です。

ペッツバール型は基本的に4枚玉で構成されるレンズ群で、現代のカメラレンズの基本構造と言えると思います。

それゆえ(?)「ペッツバール型は望遠鏡じゃなくてレンズだから、買うべきではない」と仰る方もいるそうです。望遠鏡に対する独自の価値観がそう言わせているのかもしれませんね。
私にとっては(屈折式)望遠鏡=レンズですから、どうでもいいのですが。

アポクロマートで色収差を徹底的に排除したことと、イメージサークル内のフラット化を追い詰めたことで、タカハシは「改良型」と言っているのかもしれません。

ペッツバールはウィーン大学の教授です。

2011年8月にウィーン大学で行われた学会で発表しました。

viena01.JPG
ウィーン大学構内。

viena02.JPG
発表ブース(ポスタープレゼンテーション)。半屋外。

日中は40度くらいと、非常に暑かったです。
オーストリアって寒いイメージでしたけど、夏は暑いらしい。
ペッツバールの時代はクーラーなんてなかっただろうなぁ。

無理矢理、天文に結びつけた2年前の思いで。
コメント(0) 
前の20件 | - つぶやき ブログトップ